不倫をSPEED釈明も今井絵理子に渡る”1億円の血税”に大ブーイング (1/2ページ)

デイリーニュースオンライン

今井絵理子が手にする“1億円の血税”に非難殺到(写真はイメージです)
今井絵理子が手にする“1億円の血税”に非難殺到(写真はイメージです)

 参議院議員の今井絵理子(33、比例、自民)が7月27日発売の『週刊新潮』(新潮社)に不倫疑惑をスクープされ波紋が広がっている。そもそも“元SPEED”の肩書きで議員になった感が強かったが、「実際、当選後も大した活動は行っていなかっただけに、辞任を求める声が飛び交うのは無理もない」(スポーツ紙記者)という。

「『週刊新潮』は、今井が神戸市議会の既婚者議員とホテルに宿泊する様を報道。誌面には、2人が新幹線で隣同士に座り、眠りこけている写真も掲載されています」

 今井は2005年に175R・SHOGO(37)と結婚していたものの、07年に離婚したシングルマザー。子どもがいる身で、しかも議員の立場で不倫疑惑が浮上したことで、業界内外から批判が飛び交っている。

「それでなくとも、今井にはもともと“議員としての自覚”を問う声が多かった。昨年の選挙で初当選した今井ですが、これまでに何か大きな取り組みを成したワケでもなく、仕事といえば、“元芸能人”という需要で、選挙の際に応援演説に駆り出されたくらい。しかも、そういった場でも候補者の名前を忘れてしまうなど、本当に芸能人気分のままだったということでしょう」(前同)

 今井のおぼつかない“政治姿勢”の一因として挙げられるのが、古巣の存在だ。芸能プロ関係者は、大手芸能事務所・ライジングプロダクションで芸能活動をしていたことを指摘するのだ。

●注目記事: 飲むだけで白髪改善と髪のボリュームを取り戻せる驚きの「和漢サプリ」

「不倫をSPEED釈明も今井絵理子に渡る”1億円の血税”に大ブーイング」のページです。デイリーニュースオンラインは、今井絵理子政治SPEEDエンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧