19歳、黒木理帆が12番。サクラフィフティーン、アイルランド戦メンバー発表。 (1/3ページ)

ラグビーリパブリック

 8月13日に女子ラグビーワールドカップ2017の第2戦、対アイルランドを戦うサクラフィフティーンの試合登録メンバーが発表された。

 初戦では14-72とフランスに大敗した。ミスが相次いだ序盤に点差をつけられた前戦の経験を活かし、地元代表チームと戦う重圧をはね除けたい。

 突破力があり、フランス戦でトライもあげたマテイトンガ・ボギドゥラウマイナダヴェは怪我でチームを離脱した。ハードタックラーのCTB冨田真紀子は前戦の後半28分に見せた一撃が危険だったとされレッドカード。フランス戦後に規律委員会に謀られて今大会での3試合出場停止が決まり、次戦への出場が叶わなくなった(第5戦/最終戦の出場は可能)。先発の山本実に代わり、後半途中からピッチに立ったSO福島わさなも膝の怪我で大会から離れた。

 チームは、あらためて一丸となって戦う気持ちを強くしている。

 初戦の先発メンバーからメンバー変更となったのは2人。マテイトンガに代わり、高野眞希が8番を背負う。冨田真紀子から12番を受け継いだのは黒木理帆。リザーブにバックローの塩崎優衣、FLでもCTBでもプレーできる鈴木彩香、キック力のあるFB田坂藍が新たに名を連ねた。

 サクラフィフティーンは試合前日の8月12日、16時から前日練習をおこない、約1時間にわたって体を動かした。有水剛志ヘッドコーチはアイルランド戦で今大会初めて先発するNO8高野について「ライテ(マテイトンガ)とはプレースタイルは違いますが、遜色のない働きをしてくれると思っています」と期待を寄せた。また、「本番に強い」と黒木にも高い評価。「長田(いろは)との同期(CTB)コンビでやってくれるはず」と話した。

 黒木は立正大学の1年生でまだ19歳。中学1年時に日向ラグビースクールでこの競技を始め、石見智翠館高校で才能を伸ばした。

 フランス戦では後半26分からピッチに立ち、世界の舞台に立つ。「課題と言われていたタックルを決められた一方で、ハンドリングでミスをしてしまいました。次の試合では死ぬ気でボールをキャッチします」と前戦を振り返った。

「自分の強みはタテに出るところ。

注目記事
「19歳、黒木理帆が12番。サクラフィフティーン、アイルランド戦メンバー発表。」のページです。デイリーニュースオンラインは、スポーツなどの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧