雨上がり宮迫に不倫報道の続報?疑惑女性の”謝罪ツィート”で広がる疑念

デイリーニュースオンライン

Photo by Nicholas Kennedy Sitton(写真はイメージです)
Photo by Nicholas Kennedy Sitton(写真はイメージです)

 お笑いコンビ・雨上がり決死隊の宮迫博之(47)との不倫疑惑を報じられているモデル・小山ひかる(26)が、12日、自身のTwitter上で「今回の騒動に関しまして、誤解を招くようなことがあり、ご迷惑とご心配をおかけして本当に申し訳ありませんでした」と謝罪をした。小山は今月9日の『週刊文春』(文藝春秋)で、宮迫と2度にわたり高級ホテルに宿泊したと報じられていた。

 小山の謝罪ツイートをうけて、各方面のSNSで、「謝罪、お手軽すぎ!」「誤解を招くようなこと”があり”じゃなく、”をして”でしょ」「騒動はメリットしかないし、リークしたのはこの人では?」など批判と憶測が飛び交っている。

 その一方で、宮迫もレギュラー出演中の『バイキング』(フジテレビ系・11日放送)において、小山とホテルで宿泊したことを認めた上で、「(性行為が)できるかもと魔が差しまくった。ホテルには入ったが(性行為は)やっていない」と説明。宮迫は妻から「最終的には家族だから助ける」と言われたエピソードを話し、番組は美談ともいえるムードで終了した。同時期によりインパクトの強い上原多香子(34)の不倫報道が出たこともあり、宮迫の騒動は終了かとも思われた。しかし、宮迫を狙う不倫報道の続報が水面下で進行しているという。

「宮迫の不倫ネタはまだあるようです。10日の週刊文春では、宮迫の不倫を『2人』と書かず、あえて意味深に『複数の女性』と書いている。これが伏線になっていて、次は前の2人とは別の人物でさらにキツいネタを持ってくるという話も。また、宮迫周辺から今回の小山ではないですが、別の取材協力者が複数現れているので他の週刊誌も動きが活発になっています」(週刊誌記者)

 日本テレビの夏の一大イベント『24時間テレビ』(日本テレビ系)への出演が決まっている宮迫。清廉潔癖であることが求められる番組趣旨だけに宮迫にとっては気が気ではない状況だろうか。

文・麻布市兵衛(あざぶ・いちべい)
※1972年大阪府出身。映像作家、劇団座付き作家などを経て取材記者に。著書は『日本の黒幕』、『不祥事を起こした大企業』(宙出版)など多数あり。
「雨上がり宮迫に不倫報道の続報?疑惑女性の”謝罪ツィート”で広がる疑念」のページです。デイリーニュースオンラインは、宮迫博之雨上がり決死隊エンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧