宮迫博之が不倫で「マラソンランナー」候補に急浮上も苦情殺到

まいじつ

宮迫博之が不倫で「マラソンランナー」候補に急浮上も苦情殺到

お笑いコンビ『雨上がり決死隊』の宮迫博之が、モデルの小山ひかると30代ライターのふたりとふた股不倫をしている疑惑が『週刊文春』で報じられた。それからというものの、宮迫の周囲は落ち着きを見せない。

「宮迫は日本テレビの『行列ができる法律相談所』のレギュラー出演者で、『24時間テレビ』のスペシャルサポーターに就任しているのですが、局には『募金番組に不倫男を出すのか』と苦情が殺到しているのです」(テレビ雑誌記者)

このクレームの嵐は収まりそうもなく、日本テレビも対応に困っているという。

「この窮地を抑えるためには、まだ誰が走るのか未定のマラソンランナーに宮迫が立候補するしかないという話が日本テレビ関係者のあいだで急浮上していますが、くだらないお涙ちょうだいのストーリーにするようでは、逆に視聴者から一層の反感を買うのではという声もあります」(同・記者)

宮迫は8月11日に情報番組『バイキング』(フジテレビ系)に出演した際、「もしかして、できるかも」とホテルでふたりになり下心が芽生えたことは認めつつも「酒が深くなると寝てしまうので、寝る前に何とか頑張って言ってみたんですけど、『このご時世にだめですよね』と断られて、ふて寝したというのが3回続いた」と釈明していた。下心があったことは認めつつ、みだらな行為がなかったことについては「本当にそれはない。ただ向こうが断っただけで、誘った時点で同罪です」と頭を下げていた。

宮迫をよく知る松本人志は、13日放送の『ワイドナショー』(フジテレビ系)で「ふたりの女性と3泊している。ボケでも何でもなく、8回やっていますね」と断言した。

インターネット上などでも、そんな釈明で済むかという雰囲気が世間のあいだで広がっている。

「走る理由」のできた宮迫が走らないと企画倒れ

「もし宮迫が24時間テレビでマラソンランナーとして走るとしても、練習をしていないので、ほかの出演者とのリレーにして、宮迫がアンカーを務めるという方法になるかもしれません。日本テレビはランナーについて、『走る理由がある人が走る』と発表しています。その手前、最も“走る理由”のできた宮迫が走らないと、企画としても中途半端になってしまう。しかし、走ったとしても視聴者が納得するとは思えないので、制作側は困っているでしょう」(前出・記者)

タレントの紗理奈も『サンデー・ジャポン』(TBS系)で「絶対クロじゃないですか。もしわたしが嫁だったら、証拠そろっているのに『おれは絶対していない』って言う方が張り倒したくなる。認めればいいじゃんって」と辛辣な意見を浴びせている。

お笑いが“火遊び”をお笑いにできない番組に出演するところが笑える要素と言えようか。

「宮迫博之が不倫で「マラソンランナー」候補に急浮上も苦情殺到」のページです。デイリーニュースオンラインは、宮迫博之日本テレビ24時間テレビ不倫エンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧