投資に触れない人生もリスク――いま、我々が投資するべき理由を、クロスリテイリング社・山口会長に聞く!

デイリーニュースオンライン

投資に触れない人生もリスク――いま、我々が投資するべき理由を、クロスリテイリング社・山口会長に聞く!
投資に触れない人生もリスク――いま、我々が投資するべき理由を、クロスリテイリング社・山口会長に聞く!

【※企業PR記事です】

 WEBと金融をミックスする形で事業を展開、業績を伸ばしている「クロスリテイリング株式会社」(https://crossretailing.co.jp/)は、金融庁に登録している投資助言・代理業(投資顧問業)。金融といってもファンドではなく、「投資家やトレーダーへのアドバイザー」として投資教育事業を手掛けている。

 本稿では、同社の山口孝志会長にご登場いただいて、日本の投資がどう変わるか、どう変えていくべきかを伺う。

――今日はよろしくお願いします。投資家やトレーダーのアドバイザーとの事ですが、御社の特徴はなんでしょう?

山口孝志(以下山口) 日本では「貯金か消費か」という形が多く、投資家やトレーダーが根付いていません。しかし海外では、投資やトレードを「学校で学ぶ」のです。彼らはそのスキルを使ってファンドに就職したり個人で独立したりして、経済的な自由を追求する人生を得ます。でも、日本にはそれを学べる場がない。

アメリカだと、預かったお金を大きくする事で投資が回り、新たなベンチャーになって経済が回ります。一方、日本の場合は、「一部のお金持ち」が余ったお金で投資をしているだけ。つまり循環する仕組みがないんです。その経済環境の原点となる部分が弊社の「投資教育事業」であり、初心者でも投資などに触れられる環境を作っています。

「入口はWEBであるべき」だと思っているので、まずはWEB上の動画コンテンツを見て、そこで「クロスリテイリングの商品っていいなあ」と思った方にセミナーに来ていただくスタイルです。他でよくあるのは、セミナーで何かを販売するパターンですが、弊社の場合有料なのは動画コンテンツで、セミナーは、ほぼ無料。お客さんと顔を突き合わせてフォローできる体制が整っています。

――実際に会って、その人に合わせた案内をすると?

山口 例えば「利益率は低くてもいいから簡単に稼げるものがいい」という事であれば、「自動売買のソフトで優秀なものがあるから、それを買って試してください」とご提案します。投資助言・代理業の免許があるので、アドバイスとともにしっかりサポートできるところが強みですね。

「トレーダーとして独り立ちする!」という方には、いちからトレーディングを学んでいただきます。実はトレード会員様は昔からのお付き合いの方が多く、利益を出すことが当たり前の状態。その上で「稼いだお金を資産運用したい」という方には、不動産などを使って資産のポートフォリオを作るといいですよ、といった知識を無料で伝えています。

また、弊社は「マーケティング事業部」「コンテンツ・ディレクション部」「マネジメント事業部」を設け、それが1サイクルとなって投資教育が完成する仕組みとなっています。マーケティング事業部で広告の手法を駆使して拡散、だけど良い商品を作らないと会社として長く続かないので、コンテンツ・ディレクション部は「より良いもの・より良いサービス」を開発して制作。そしてマネジメント事業部で顧客サポートやコンサル業務を実施しております。

――御社の掲げる「経済的自由人」に秘められた想いとは?

山口 世の中で何かを起こす際、最後に行き着くのはお金。予算がないからサービスができない、お金がないから福祉・行政ができないという側面がある。「お金は重要じゃない」と言う人もいるけど、そういう方々がボランティア活動をやって10年続くかといったら、続きません、頓挫します。お金の還流がないのは致命的なのです。

収入の7、8割を貯金したら、残りの生活費などを除いた2割はギャンブルなどで消えることもあるでしょう。ならば勉強を兼ねてトレードの訓練をして、そのお金をアクティブに増やす。資産として持つ分と運用する分を分けて、より良い人生の手助けのために投資をして欲しいと思います。私はFXで稼げるようになるまで5年かかっているのですが、その間、諦めなくて良かったと思っているのは、そのお金を元に会社を興して充実できている、人生を変える原動力になっているところ。だから「経済的自由」とは重要だと考えています。

会員様であれば、勉強して毎月自由になるお金を稼げるようになった、あるいは、生活費はトレード収益で十分ということで、発展途上国の井戸を掘るプロジェクトをずっとやって人生が変わった、または主婦の方が生活費プラストレードで毎月50万円入るようになったので、子どもを留学させられるようになった。「経済的自由」を得た方々から、そんな感謝の手紙などをいただいています。

これは会員の皆様にお伝えしているのですが、「お金があることと幸せは別問題。人生の幸せは当然追求しないといけないが、お金があればできることは確実に増えるので、選択肢を増やす意味でも、投資やトレードに目を向ける人が増えて欲しい」と話をしています。

――会員の方はどの層が多いんですか?

山口 30代~50代の方で、投資で資産を増やしたいという方々です。10代、20代の方にも、動画を見て「わからないけど、ちょっと勉強してみよう」と考えていただけたらうれしいですね。ボクは30代になってからトレードを勉強したので、固定観念を払拭するのに時間がかかりました。若い内に学び、自分に向かないとわかったら、それはそれでいいと思うんですけど、社会に出てお金で失敗する人は本当に多いので、まずはお金の仕組みを学んでほしいと思っています。

アジアでも香港などは、投資が日常の家族の会話で出てきます。これは、実際、世の中を動かしているのは金融や為替の動きであるため。でも日本の場合「クリック一つで稼ぐ」という悪いイメージもあるし、小中高大と学校でお金に関して学ぶ機会がありません。それなのに、社会に出るとお金でモノを考えないといけない。それで失敗する人がたくさんいるんです。だからこそ、弊社では「失敗する前に、初心者から学べるコンテンツ」を展開しています。

――ではそんな「初心者」がステップアップするために必要なこととは?

山口 情報、だと思います。人って、その情報を知っているか知っていないかで人生が大きく変わりますよね。弊社では皆無ですが、例えば「残業代未払い」であれば、残業代をすべてきっちり払って会社の経営が悪化すると、サービスの単価を上げるしかない。その循環の中で起きるのは、インフレ、物価の上昇。給料の上昇が物価の上昇に追い付かないんです。結果として、「未払いが嫌だと言っている消費者が最終的に困る、ということをまず情報として知ってください」と音声でも伝えました。

「缶ジュース100円」から、今は130円。1.3倍は緩やかなインフレです。それを考えると、10年後の日本では2倍から5倍になるでしょう。これは政府も後押ししていて、インフレにして日本の持っている借金を減らす……そういう側面・情報を知っておいて、貯金だけしてもインフレで資産価値が減るから別の資産を持つ、そっちの情報に自分の時間を使うといいですよと伝える。するとその方は情報を知っただけですが、人生の選択が変わる可能性がある。だから初心者の方に必要なのは「まず情報を知る」ことなのです。

――考え得るリスクとその対処法はなんでしょう?

山口 日本人はお金に対する考え方が甘いので、リスクを考えず「必ず儲かる」と思ってやるんです。でも、リターンが見込めるものには、必ず「リスク」があります。銀行預金はローリスクローリターンですが、「ハイリターン」を謳うものは、それと同等のリスクがある事実を許容しないといけない。そこで「リスクは嫌だ」という方は、リターン、投資を捨てた方がいいのです。でも、ボクがその後に言うのは、「投資は自分でコントロールできる」ということ。

FXでもなんでもそうですが、資産をいくら入れるか決めるのは自分。レバレッジによりFXで損をしたと言うけれど、結局決めたのは自分自身です。ボク自身がリスクコントロールの第一歩として伝えているのは、「全体の資金の10分の1から10分の2を投資に振り分ける」ということ。100万円あったら20万円をFXの口座に入れて、さらにその20万円の10分の1しかトレードに使わないようにしていく。それが大事なんです。それを具体的にイメージできない初心者の方は多いので、10分の1や5分の1を「一応の目安」として決めて伝えています。これをやると資産はほとんど傷付きません。

FXなどは、ちゃんとした手法を学んでしっかりと資金管理、リスク管理すれば、1年で2倍や5倍にするのは難しくありません。一攫千金を目指して、いきなりこれを50倍にしたいと人間思ってしまうんですが、それは止めてほしいのです。欲があると必ずリスクも大きくなってしまうので、自分でコントロールして自分の見える範囲でやる。そのスキルを数カ月で学べるのならば、投資を学ぶ価値はあると思います。

――山口会長、そしてクロスグループが、これから目指すところ、ビジョンとは?

山口 全体のミッションとしましては、企業資産を構築することに邁進して、それを新たな事業、新たな雇用創出のために使い、世の中に資金の還流を生み出す、そういう存在で在り続けることです。その結果、将来的に達成するビジョンは、世界規模の企業グループを作るということ。なぜ世界かというと、日本で一番と考えたら達成できる可能性が見えてしまうため。「常に不十分」でないと成長が促されない。だから世界規模なのです。多角経営を見据え、一つの会社、ブランドをある程度まで上げて、資金を別の事業に分散してポートフォリオを組むというのが一番。エネルギーは分散するので、企業の成長スピードは落ちますが、10年後20年後を考えたら、一個だけに特化するリスクよりも幅広く事業を展開した方が、ゆっくりでも安定感はありますからね。
――では最後に、「投資をやってみたい」という方へのメッセージをお願いします。

山口 週2、3回のメルマガで、トレードの具体的な戦略や先ほどのインフレの事などを音声で無料発信(http://fx-jin.jp/mailmag)しているので、ビジネスパーソンはもちろん、小中高大と子どもへの教育も含めてできるだけ多くの方に聞いていただければ嬉しいです。

投資に触れない人生も長い目で見たらリスク、また、触れすぎる人生もリスクなので、そこに若い内から気付いて投資人生をスタートしてください!

●クロスリテイリング株式会社
https://crossretailing.co.jp/

クロスリテイリングが無料でお届けするFX-Jin公式メールマガジンはこちらから
http://fx-jin.jp/mailmag

「投資に触れない人生もリスク――いま、我々が投資するべき理由を、クロスリテイリング社・山口会長に聞く!」のページです。デイリーニュースオンラインは、PRマネーなどの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧