高橋一生との「共演女優」SNSで総叩きに遭う異常事態

まいじつ

Graphs / PIXTA(ピクスタ)
Graphs / PIXTA(ピクスタ)

大河ドラマ『おんな城主 直虎』(NHK)で、はりつけにされて殺された小野但馬守政次(おのたじまのかみまさつぐ)役を演じきった俳優の高橋一生は、その人気ぶりから3年先までのスケジュールが埋まっているという。

「高橋のスケジュールはもはや、1時間で終わる雑誌のインタビューすら受け付けられないほどになっています。マスコミは色恋沙汰がないかをマークしていますが、そんな暇は全くないでしょう」(芸能関係者)

10月からは篠原涼子が主演する連続ドラマ『民衆の敵~世の中、おかしくないですか!?~』(フジテレビ系)で篠原の相手役を務める。SNS上では《一生さま、涼子に心を奪われないようにお願い!》、《なんか悔しい! 一生の横に涼子…ですか》などと、女性ファンの悲鳴のような書き込みが目立つ。ちなみに高橋は36歳で独身だ。

長澤まさみにも高橋ファンが嫉妬

そんな高橋の人気絶頂の最中、女優の長澤まさみと共演する映画『嘘を愛する女』(中江和仁監督/2018年公開予定)の本編予告映像が、先ごろ解禁された。同作は、新たな才能の発掘を目指して2015年に開催された『TSUTAYA CREATORS’PROGRAM FILM2015』で、応募総数474本の中から初代グランプリを勝ち取った企画を映画化した作品だ。食品メーカーに勤めるキャリアウーマンの川原由加利(長澤)はある日、同棲5年目を迎える恋人の小出桔平(高橋)の素性が全て嘘だったと知るというミステリアスなストーリーである。

「高橋は脚本を読んでオファーを快諾したようです。しかし、過密スケジュールの合間を縫って撮影に参加したためか、ある撮影の日などは移動の車内で寝てしまい、なかなか起きずにスタッフが頬をたたいて起こしたこともあったようです」(同・関係者)

CMでの共演が記憶に新しい長澤と高橋だが、映画での共演は『世界の中心で、愛をさけぶ』(2004年)以来だ。もちろん、この映画に対しても、高橋のファンから長澤へ嫉妬する投稿がSNS上に集中している。《一生を長澤まさみに奪われるなんて!》、《全然お似合いのカップルに見えない!》などと、篠原と同様の書き込みが多い。

「いま高橋と共演する女性タレントは攻撃のターゲットとなり、ネットでたたかれてすぐ炎上します。それほど高橋は人気者なのです」(同・関係者)

高橋と交際する女性は間違いなくファンに嫉妬されるだろう。いまの高橋と恋愛する度胸のある女性は現れるだろうか。

【画像】

Graphs / PIXTA(ピクスタ)

注目記事
「高橋一生との「共演女優」SNSで総叩きに遭う異常事態」のページです。デイリーニュースオンラインは、高橋一生エンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧