戦犯は島崎遥香か「ひよっこ」視聴率ノルマ危機へ

まいじつ

(C)まいじつ
(C)まいじつ

朝の連続テレビ小説『ひよっこ』(NHK)に出演中で、元『AKB48』の島崎遥香に対し、インターネットを中心に「女優を辞めろ」という意見が続出している。

「島崎はひよっこで、主人公のみね子(有村架純)と親友の時子(佐久間由衣)に怒られる由香の役で出演しています。親元を一方的飛び出したまま、なかなか親に謝ることができず、小遣いをみね子を使ってせびるわがままな性格です。このあたりはAKB時代の島崎本人の性格にかなり似ていて、はまり役です」(ドラマライター)

島崎はAKB在籍当時に、ファンに対して「なぜキモオタと握手しなくちゃいけないの」と暴言を吐き、握手会への出席を拒絶していた。女優になると宣言して同グループを卒業し、ドラマへの出演を続けているが、評判はあまりよくない。

島崎がストーリーの中心になって視聴率下降

「島崎がストーリーの中心になった第20週は、平均視聴率が20.9%に落ちこみました。それまでは、第18週が同22.4%、第19週も同22.4%と高い数字を維持していたのですが、島崎が出るようになって視聴率が落ちたのです」(同・ライター)

その後、島崎の露出が減ってきた第21週は同21.4%、第22週は22.0%とV字回復を見せたという。

「視聴率から察するに、視聴者は間違いなく島崎に拒否反応を示しています。ネットのドラマ評でも《演技でもフテくされた態度が見えてイヤ》、《AKBの“かまってちゃん”のまま》という酷評の投稿が多く見受けられます。《みね子、時子より見劣りする。女優辞めろ!》という書き込みもあるほどです」(テレビ雑誌編集者)

ドラマは、あと3週を残し、いよいよ佳境へ入る。

「テレビ小説は通期で平均視聴率20%以上を超えることが大前提です。終盤を迎えて変なところで島崎が出てきて、視聴者拒否が出るのが心配です」(同・編集者)

性格が演技に出ているのだろうか。

「戦犯は島崎遥香か「ひよっこ」視聴率ノルマ危機へ」のページです。デイリーニュースオンラインは、ひよっこ朝の連続テレビ小説島崎遥香AKB48ドラマエンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧