高橋真麻「私、顔よくないから」否定を求める自虐発言に批判

アサジョ

高橋真麻「私、顔よくないから」否定を求める自虐発言に批判

 大物俳優・高橋英樹の娘で元フジテレビのアナウンサーでありながら、嫌いな女子アナランキング・上位常連の高橋真麻アナ。その理由が、9月11日放送の「もしかしてズレてる?」(フジ)で垣間見えた。

 真麻アナは、父・英樹が心配するほど“ネガティブ思考”なのだという。特に、自身の容姿がテレビ向きでないと思っているようだ。女友達との会話でも「私、ビジュアルがよくないから~」と何度もこぼしている。

 このVTR終わりでスタジオにカメラが戻ると、お笑いコンビNON STYLEの井上裕介が「そんなことないよ。かわいいよ。そんなことハリセンボンの前でよう言うな~」と突っ込んだ。

 芸能ジャーナリストは「このようなやり取りこそが同性から嫌われる理由ではないか」と分析する。

「真麻は大俳優の娘というだけで、世間一般からすれば、恵まれた環境で育ったとネタみの対象です。ビジュアルにしても決してブスではない。それなのに自虐的発言をして、『いや、カワイイよ』と否定してほしいのがミエミエ。一般的にも、こういうあざとい女性は嫌われますよね」

 父親の力もあってか、仕事は順調な真麻アナだが、恋愛においてはことごとく失敗。そろそろ、ネガティブ思考を卒業してはいかがだろう。

注目記事
「高橋真麻「私、顔よくないから」否定を求める自虐発言に批判」のページです。デイリーニュースオンラインは、もしかしてズレてる?井上裕介高橋真麻ネガティブ思考女子アナエンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧