ジャニーズ事務所にも見放された凋落フジテレビの闇

週刊実話

 フジテレビとジャニーズ事務所の蜜月関係が終焉の時を迎えようとしている。ポスト『SMAP×SMAP』の継続を、ついに断念したというのだ。
 「本来なら、昨年12月をもって終了した『SMAP×SMAP』の後継番組としてスタートした『ちょっとザワつくイメージ調査 もしかしてズレてる?』は9月に終了する予定だったんです。タイミングを見て、ジャニーズ事務所の若手アイドルを起用した番組をスタートさせる戦略だったようです」(テレビ関係者)

 その若手アイドルとは、ジャニーズ事務所がポストSMAPと期待する関ジャニ∞だ。
 「もともとジャニーズサイドも『SMAP×SMAP』を途中で打ち切った経緯から、フジサイドに迷惑を掛けた穴埋めとして、関ジャニ∞の未来を託すと内々に約束していたんです」(同)

 ところが、この半年で状況は一変したという。
 「10年後、フジがキー局として残っているかどうか怪しいとジャッジしたらしいんです。今のフジは数字的にも、売り上げ的にもキー局の体をなしていない。ローカル局であるテレビ東京に屈する日も近いですからね。つまり、落ちるところまで落ちたってことですよ」(放送作家)

 そんなフジテレビを、ジャニーズ事務所は早々に見限ったという。
 「その証拠に、TBSで『SMAP×SMAP』を放送していた“月10”の真裏で、関ジャニ∞の冠番組『ペコジャニ∞』をスタートさせるんです。しかも、出演料も1グループで200万円という超破格な金額です。フジは500万円を提示していたのにもかかわらず、断られてしまったんです」(芸能事情通)

 ジャニーズ事務所に見捨てられたフジは、大混乱に陥っているという。
 「『もしズレ』はシングル視聴率を連発し、すでにスポンサーが逃げ始めている。そればかりか『VS嵐』もジャニーズは終了させたがっているという話なんです。しかも、上層部はこうしたジャニーズの動きにまったく気が付いていない。ズレてるのは番組だけじゃなく、フジテレビ全体だなんて自虐的なギャグが飛び交っています」(編成関係者)

 ジャニーズからも愛想を尽かされたフジテレビ。その未来は限りなく暗そうだ。

注目記事
「ジャニーズ事務所にも見放された凋落フジテレビの闇」のページです。デイリーニュースオンラインは、エンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧