おじゃMAP「初企画連発」で番組終了に必死抵抗

まいじつ

画/彩賀ゆう
画/彩賀ゆう

10月5日に放送された『おじゃMAP!!』(フジテレビ系)の2時間スペシャルに元『SMAP』の草彅剛が出演し、香取慎吾とトークや歌やダンスで盛り上がった。

番組内では草彅と香取のふたりがストリートダンスに挑戦。ふたりは神奈川県の新百合ヶ丘駅前で土砂降りの雨のなか、サプライズでストリートダンスライブを敢行した。

突然の草彅と香取の登場に、駅前に集まった人は歓声し、なかには涙を流す人までいた。踊り終わったあと、草彅は「10代のときを思い出した。やってよかった。狙い通り。きょうからまた新しい人生が始まります」と興奮気味に語った。また香取も「10代のころを思い出した。人も集まらないし、『おれたち何やってんだよ』って空気で」と、SMAPのデビュー当時を懐かしみながら答えた。

視聴者からはSNS上に《SMAPから歌をジャニーズに取り上げられて、ずっと歌い踊りたかったんだな》、《練習時間50分で当時のダンスを思い出すなんてさすがプロ》、《2人のダンスのクセが変わってなくて泣きそう》などと絶賛の声が相次いだ。

ふたりが作った歌も披露

また、番組内ではふたりがかつて作詞作曲したという『シンツヨ Be on right』も披露した。歌い終わった香取は「いい歌じゃん。ラジオの狭いブース内でしか聞いたことなかったから」と笑顔を見せた。草彅は「ありがとう。香取のために心を込めて作って歌った。緊張して1番を歌い終わって呼吸が早くなった」と興奮と緊張のあまり間違えそうになったことを笑顔で明かした。

このステージには『SMAP×SMAP』当時の音楽スタッフやバックバンドが集合しており、香取も「久々すぎて緊張する。ほとんど懐かしいメンバーですよ。どうしちゃったの?」と驚きを隠せなかった。

さらに番組でふたりはバーベキューを楽しみ、香取の自宅を訪問するなどジャニーズ事務所に在籍していたころはなかった“初の企画”が目白押しで大きな評判を呼んだ。

しかし、同番組の視聴率は伸び悩んでいる。SNS上で視聴者は《番組の存続をかけて凄く頑張っていた。打ち切りにしちゃダメだよ》、《ジャニーズ事務所に恐れず絶対続けないといけない番組》などと番組継続を要望する声が後を絶たなかった。

視聴者の切実な声は届くだろうか。

「おじゃMAP「初企画連発」で番組終了に必死抵抗」のページです。デイリーニュースオンラインは、おじゃMAP!!草彅剛香取慎吾フジテレビエンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧