総選挙のとばっちりを受けまくるフジテレビ

リアルライブ

総選挙のとばっちりを受けまくるフジテレビ

 22日に投開票が行われる総選挙だが、フジテレビはその影響をもろに受けてしまった。

 すでに発表済みなのは、女優の篠原涼子主演で10月16日から放送開始予定の月9ドラマ「民衆の敵〜世の中、おかしくないですか!?〜」を、同月23日のスタートに変更した。

 変更した理由は第1話に選挙のシーンがあるため、「10月16日が衆議院選挙公示期間中にあたることから、総合的に判断し変更することにいたしました」としている。

 しかし、影響を受けたのはそれだけにとどまらず。5月にWBA世界ミドル級王座決定戦に挑み不可解な判定負けを喫した村田諒太のリベンジマッチを中継することが決定していたが、どうやら試合開始時間が総選挙特番ともろにかぶってしまうというのだ。

 「前回は土曜日の中継でしたが、今回は『日曜の方が視聴率が上がる』という上層部の判断も影響し22日に試合が組まれることになった。生中継は午後7時にスタート。村田の試合はおそらく、8時過ぎぐらいにスタートする。他局は選挙特番を放送するが、今回の選挙はかなり国民の関心が高いはずで、軒並み選挙特番は高視聴率を記録しそう。となると、村田の試合への関心が薄れてしまいそうだ」(テレビ局関係者)

 前回の世界戦は村田が破れたものの17・8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)の高視聴率を記録。

 視聴率が低迷しなかなか打開できないフジにとっての“救世主”となった。

 今回のリベンジマッチ、選挙さえなければ前回を上回る視聴率も期待できたはずだが…。

「上層部が“色気”を出さずに土曜に試合を組んでもらっていれば問題も起こらなかった。今のフジは運気も落ちているようでこういう“災難”が続いている」(同)

 村田は選挙も“敵”に回すことになってしまった。

注目記事
「総選挙のとばっちりを受けまくるフジテレビ」のページです。デイリーニュースオンラインは、エンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧