木村拓哉の固執で制作費オーバー 早くも火の車のテレ朝新ドラマ

週刊実話

 テレビ朝日が悲鳴を上げている。来年1月にスタートする、元SMAPの木村拓哉(44)主演のドラマ『BG〜身辺警護人〜(仮)』が、早くも制作費オーバー寸前なのだという。
 「今回のドラマは、規模を大きくしようと思えばいくらでもできてしまう。局内でも、墓穴を掘ったのでは、と自問自答する有り様なんです」(ドラマ関係者)

 かつては、検事や美容師、レーサー、医者といった数々の職業を演じてきた木村が今回挑むのは、民間の警備会社で働く敏腕のボディーガード。
 「警視庁の元SPというキャリアを持ちながら今は一民間人であるため、命を左右する緊迫した状況にも丸腰で立ち向かわなければならない役柄。警察に警護を依頼できないヤクザや、うさん臭いIT企業社長などのため、感情を捨て、ひたすら対象者を徹底ガードする姿が描かれる」(制作関係者)

 木村といえば、脚本や美術セットに異様なこだわりを見せることで知られている。
 「初回は空港を舞台にしたテロがテーマなのですが、映画並みの規模で撮影が予定されている。本来ならCGでやり繰りしたいが、木村が許さない。結果、当初見積もっていた予算よりどんどん膨れ上がっているんです」(同)

 予定制作費は、「どんなに高く見積もっても1本当たり5000万円以内で収めたい」(同)というが、それをはるかに超えそうなのだ。
 「木村の希望をすべて反映させると、1本当たり軽く1億円を突破してしまう。木村は、現在、同枠で放送されている『ドクターX』の制作費(1本当たり1億3000万円)と同様だと思い込んでいる節があり、編成や制作関係者が頭を抱えているんです」(同)

 さらに、テレ朝上層部を悩ませているのが、ヒロインの存在。
 「木村は綾瀬はるか、石原さとみ、有村架純など、今が旬の女優を指名している。しかし、どれもスケジュール多忙でキャスティングができない。そのため最終的にはギャラで釣るしかなくなるのですが、木村が1本300万円〜、ヒロインも200万円〜程度でないと成立しないという話になっている」(放送作家)

 さらに厄介なのが、ボディーガードという役どころから、事務所の後輩であるV6の岡田准一を、異様なまでに意識している点だという。
 「木村は2007年に岡田が主演したヒットドラマ『SP 警視庁警備部警護課第四係』(フジテレビ系)越えを狙っており、車を大破させたり、派手なガンアクションなどにチャレンジしたがっている。その結果、テレ朝関係者が制作費を単純計算したところ1本1億1000万円という仰天の数字が弾き出されたというわけです。『ドクターX』のように、視聴率が20%も行くのならいいのですが、昔の木村ではなく今の木村が主演だけに、そんな保証はどこにもありませんからね」(前出・関係者)

 テレ朝上層部の眠れぬ夜がやって来そうだ。

注目記事
「木村拓哉の固執で制作費オーバー 早くも火の車のテレ朝新ドラマ」のページです。デイリーニュースオンラインは、エンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧