アメリカ海兵隊が撮影したとされる鮮明なUFO映像、実はデマだったことが判明 (1/7ページ)

カラパイア

アメリカ海兵隊が撮影したとされる鮮明なUFO映像、実はデマだったことが判明
アメリカ海兵隊が撮影したとされる鮮明なUFO映像、実はデマだったことが判明


 今年10月、あるユーチューバーによってアメリカ軍とUFOの関係を示唆するような非常に鮮明な動画が公開され、数日で再生十数万回を上回るほどの反響を呼んだ。

 その動画にはなんと米アリゾナ州の砂漠に現れた巨大なUFOの母船らしきものが、海兵隊のグループに観察されながら小さな衛星状の機体を放出してみたり、砂をズズズズっと吸い上げるシーンが映っていた。

 「何が何だか」「やはり軍か・・・」「てか砂なんか吸ってどうすんだ?」「ちょっとやりすぎ」って声が聞こえてきそうな光景だが、まもなくデマであることが判明。

 この衝撃映像はUFOネタを暴露する人々により海兵隊の演習動画に巧妙なCGを付け加えたことが見破られたそうだ。

Giant UFO filmed by US Marines in Arizona Desert ! Oct 2017

・海兵隊が記録したUFOのスクープ映像!?

 この動画は、"アメリカの海兵隊がアリゾナ砂漠でとらえた巨大なUFO!2017年10月"というタイトルで公開からわずか4日間で17万回近くも再生された。

 ユーチューバーのSECTION 51 2.0が公開したその映像は、海兵隊員が巨大な未確認飛行物体の動作を遠方から注意深く観察しているようにも見えた。
「アメリカ海兵隊が撮影したとされる鮮明なUFO映像、実はデマだったことが判明」のページです。デイリーニュースオンラインは、ネットなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧