ついに妄言を垂れ流し?TBS『サンデーモーニング』が陰謀論を主張の断末魔

デイリーニュースオンライン

ついに妄言を垂れ流し?TBS『サンデーモーニング』が陰謀論を主張の断末魔(写真はイメージです)
ついに妄言を垂れ流し?TBS『サンデーモーニング』が陰謀論を主張の断末魔(写真はイメージです)

 団塊サヨクの生き残りがついに公共の電波で妄言を垂れ流し始めたかーー。関口宏(74)が司会をつとめる『サンデーモーニング』(TBS系)が19日、なぜか唐突に「スマホは危険」「ネットは盗聴されている」と根拠のない主張を繰り広げる事態となった。

 この日の終盤、『風をよむ』のコーナーでは座間9人遺体事件の容疑者・白石隆浩(27)を取り上げていた。同容疑者がSNSで被害者と接触していたことを問題視し、各コメンテーターがネットに対して批判を浴びせる展開に移っていく。

 なかでも元共同通信記者でジャーナリストの青木理(51)は『エドワード・スノーデンは、日本に世界中の個人のメールやSNSを検索できるXKeyscoreというシステムを日本を渡したと言ってる。それを使っているんだったらもう国家犯罪ですよ』と陰謀論を堂々と主張。さらに毎日新聞社特別編集委員の岸井成格(73)は「ネットは極力使わない。ネットが始まった時に政府の情報機関OBから”盗聴されるから気をつけろ”と警告された。電話してたらピーって音がして盗聴された。誰が使ってどう分析されるか恐ろしい話なんです」と声を荒げる始末だった。

 こうした番組構成に対し、SNS上では「ネット憎しで冷静な判断ができなくなっている」「陰謀論に振り回される典型的な左派思考」「テレビしか観ていない層をネットに近づけさせないように必死です。 これでまたかわいそうなお年寄りが騙される訳ですね」といった冷静な意見が飛び交っていた。

「同番組では6月11日にも同じく『風を読む』のコーナーで安倍政権の支持率を検証。特に18歳〜20歳の若い世代から7割近い支持を受けていることを紹介し、レギュラーコメンテーターが口々に”若者批判を繰り広げて視聴者が騒然としたことがあります。とくにひどかったのが大宅映子と姜尚中で、大宅は『若い人は自分の利益ばっかり(しか考えていない)』と完全否定。姜はなんの根拠もなく、『若者は想像力が働かない。瞬間風速しか見てない』と断定している。『サンデーモーニング』はネットで事実を検証できない高齢視聴者層をターゲットにしているので、こうしたエビデンスがない論説でも堂々とまかり通ってしまう異常な状況が続いています」(テレビ局関係者)

 若年層に完全に背を向けたTBSの『サンデーモーニング』。果たして同番組で建設的な議論が見られる日は来るのだろうか。

文・阿蘭澄史(あらん・すみし)
※1974年滋賀県出身。フリー記者。某在京スポーツ紙の契約記者を経て、現在は週刊誌等で活躍中。主な著書に『真相!アイドル流出事件簿』(ミリオン出版)、『事務所をクビになった芸能人』(竹書房)、『芸能人のタブー』(宙出版)など。
注目記事
「ついに妄言を垂れ流し?TBS『サンデーモーニング』が陰謀論を主張の断末魔」のページです。デイリーニュースオンラインは、サンデーモーニングTBS社会などの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧