ほっしゃん、自称ネトウヨとの遭遇話を披露も「嘘くさい上につまらない」の罵詈雑言

デイリーニュースオンライン

Photo by j0sh(写真はイメージです)
Photo by j0sh(写真はイメージです)

 お笑いタレント・星田英利(元ほっしゃん。・46)が更新したツイッターが波紋を呼んでいる。ツイッター上で一般ユーザーを挑発したり口論したりで、今や炎上も珍しくなくなかった星田。そんな星田が自身のツイッターで「ネトウヨ」を名乗る人物と遭遇したことを報告した。

 星田は9日、ツイッターで「後輩とご飯食べてたら、『俺、一般的にネトウヨっていわれる部類なんですけど』っていうて男の奴が急に」と語り、星田の前の椅子に座って後輩が止めるのも無視して政治的な演説を始めたという。

 星田はその”自称ネトウヨ”の演説を聞いていたというが、その人物はお会計になるとお金が足りなかったらしく、星田は「お会計でそいつがお金足りなくて全額奢ったわ。笑」と太っ腹な対応を見せたようだ。星田は呆れて「聞いたら無職やねんて。ネトウヨの本質を見たわ。。。涙」と締めくくった。

 さらにツイッターを連投した星田はその人物の容貌にも触れ、「正直、見てられないファッションと風貌と挙動と礼儀だった」といい、同席していた後輩と「なるほどな、何もできてなくて自分を名乗る表現が無いからって”ネトウヨ”って世間にバカにされる冠を名乗る奴なんて」と批判し、「そりゃネットに絡み取られてお天道様の下に出てこれんよな。。。」と締めくくった。

 星田の芸人とは思えない一般人を小バカにしたような投稿でネット上は騒然となった。すぐに星田のツイッターアカウントには「たぶん、その『ネトウヨを名乗る男』というのは幻覚なので、病院で診てもらってください」「つまんない嘘。しかもおもしろくないて芸人失格」「食事の場なんでしょ?相手が言説垂れてるの聞いたんでしょ?そしたら言ってやれば良かったんですよ、『なら、その言説のソースは?』この程度のオチすら付けられないから仕事ないんですよ」など星田の投稿の真偽を疑問視する批判コメントが殺到した。

 その後も星田は「何を伝えたいのか全く分からない」という問いかけに対し、「何も伝えたくないよ。でも伝えたくないのに君みたいな選ばれし一流の孤独な奴にも反応される時点で確実に君よりは幸せだよ」など挑発的な投稿を続けている。最近はすっかりテレビで見なくなった元ほっしゃんだが、その理由もなんとなく分かるツイッター投稿だった。

文・内村塩次郎

「ほっしゃん、自称ネトウヨとの遭遇話を披露も「嘘くさい上につまらない」の罵詈雑言」のページです。デイリーニュースオンラインは、星田英利ほっしゃんエンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧