矢口真里もビックリ?貴乃花の天敵・池坊女史に”間男事件”の黒歴史浮上

デイリーニュースオンライン

Photo by PHOTO AC(写真はイメージです)
Photo by PHOTO AC(写真はイメージです)

 貴乃花親方(45)に「著しく礼を欠いている」など、連日ワイドショーで批判を続ける日本相撲協会評議員会議長・池坊保子(75)に、自身の品格を問われる過去のスキャンダルが浮上している。

「池坊女史は、協会の威光を背景に文化・伝統の担い手のごとき顔をされていますが、その過去は決して礼を重んじてるとは言えないものだと暴かれ始めています。まず池坊さんは84年1月、41歳の時に、雑誌『PENTHOUSE』(講談社)上で胸元をあらわにしたセクシーグラビアを披露して世間を驚かせた。1月24日のスポーツ紙には『衝撃シリーズ 池坊保子 新エロスの肖像』との見出しで紹介されています」(週刊誌記者)

 もちろん、グラビアをやることと「礼」や「品格」は関係ない。だが、41歳という年齢と、華道界の最大流派・池坊の四十五世家元の妻という社会的影響力を鑑みれば、常識を疑われる破廉恥な行為であると言わざるを得まい。だが、ある週刊誌記者は「こんなグラビアは序の口。もっと大きなスキャンダルがあった」と説明する。

■「品格」も聞いて呆れる、矢口真里もビックリの間男騒動

 池坊女史は由緒正しい家柄。母親は香淳皇后のいとこで、姉の夫は正力松太郎(読売新聞社元社主)の長男・正力亨氏、そして自身は池坊の四十五世家元・池坊専永の妻である。だが、今週発売の『週刊新潮』(新潮社)によれば、夫・専永氏が明かした驚愕のエピソードがあった。

「池坊女史がセクシーグラビアを披露した直後の『週刊新潮』(84年2月9日号)で、専永氏は『私が離婚を決意したのは』と前置きした上で、『私が帰宅して台所の隣りの居間の戸を開けたところ、保子と加藤祐介(仮名※娘の家庭教師)がそこにいたんです。保子は青い着物で、加藤は下半身裸でした。要するに男女の現場を私が見てしまったんですよ』と告白しています」

 矢口真里もビックリの間男の修羅場騒動である。現在の池坊女史はこのスキャンダルについて『人生において、消したいと思う失敗もありました』と認めていながら、いまも専永とは離婚していないという複雑な家庭の問題を抱えている。これでは池坊女史のいう「礼」や「品格」という言葉の説得力は霧散してしまう。

 貴乃花親方の理事解任について「礼を欠いている」と斬って捨てた正義の味方然と振る舞った池坊女史。最後に彼女が11年3月に日本漢字能力検定協会の理事長を(ワンマン体制に不満を持った勢力から)解任された折に「なぜ解任されるのか分からない」「訴訟も辞さない」と散々決定に文句をいい、ゴネていることも付け加えておこう。礼とは何なのか、品格とは如何なるふるまいなのか、池坊女史にこそ考え直してもらいたいものである。

注目記事
「矢口真里もビックリ?貴乃花の天敵・池坊女史に”間男事件”の黒歴史浮上」のページです。デイリーニュースオンラインは、池坊保子貴乃花親方エンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧