辻希美、12月に産まれた子犬が1か月間以上ブログにアップされない怪現象

デイリーニュースオンライン

辻希美オフィシャルブログ「のんピース」より
辻希美オフィシャルブログ「のんピース」より

 辻希美(30)はほぼ毎日、その日の出来事やご飯の様子をブログにアップしているのだが、その内容に違和感の声が出始めている。辻は、12月にまだ若い幼犬のクック(1歳3か月)に無謀と言われても致し方ない自宅出産をさせた。2匹の子犬が産まれたが、そのうち1匹は先天性の病により生まれて間もなく息を引き取った。しかし、もう1匹の愛犬モカは元気に生まれ元気いっぱいに過ごしているはずなのだが。

 毎日アップされているブログであるにもかかわらず、1か月間以上かわいい子犬が全く登場しないのだ。隅っこの方に小さく映り込んでいる写真は何枚かあるのだが、子犬が主役として撮られた写真は皆無だ。違和感を感じずにはいられないこの現象にネット上ではいくつかの憶測や疑問が出始めている。

「仔犬がじゃれたりする様子が一枚もないのはなんでだろう。」
「ミックス犬にリスクのある繁殖をさせたのに、全く可愛がらないのですね。」
「正面からの顔がはっきり映った写真が一枚もないのは、何かしらの障害があるのでは?」
「この家のペットは結局は消息不明になる」

 ブログに公開できないなにか事情があるのか、ただ単に掲載していないだけなのか、真相はわからない。ただ、生まれて間もないペットを置き去りにして頻繁に外出し、宿泊までしてしまう神経は理解したくてもできない。全く様子が窺えない愛犬たちが今も元気に過ごしていることを願うばかりだ。

「辻希美、12月に産まれた子犬が1か月間以上ブログにアップされない怪現象」のページです。デイリーニュースオンラインは、辻希美ブログエンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧