松本人志、三浦瑠麗へのクレーム殺到に苦言?賛否両論の”北朝鮮発言”

デイリーニュースオンライン

ツイッター:松本人志(@matsu_bouzu)より
ツイッター:松本人志(@matsu_bouzu)より

 ダウンダウンの松本人志(54)が11日に更新したツイッターの投稿が話題になっている。同日、松本がコメンテーターを務めていることでも知られている『ワイドナショー』(フジテレビ系)が放送されたが、番組に出演していた国際政治学者の三浦瑠麗(37)が放送中、北朝鮮にまつわる発言をしたことが話題に。ネット上でも物議を醸していた。

 三浦へのバッシングが過熱する中、松本はツイッターを更新し、「たとえばオレの番組にゲストで出たタレントさんが叩かれてたりするとツライです。きっとサービス精神でいろいろ話してくれたのに。ダウンタウンの番組に出て楽しかった!って思って欲しいもんなー」とツイート。

 このツイートが具体的に三浦氏を指しているとはつづられていないものの、タイミングを考えると三浦氏へのバッシングをフォローしているものという見方が強い。

 このツイートにファンからは、「ダウンタウンの番組はいつもめっちゃおもしろい!大丈夫大丈夫」「松ちゃんの意見に同意」「ほんとですよね…松ちゃんは本当に優しいなー」といった声も集まっているが一方では、「おいおい、あんな下衆を褒めたりしちゃダメだろうに」「サービス精神だからって何話しても良いわけないわな」という批判の声も寄せられていた。

 三浦も自身のブログで反論記事を出したことからいまだ終息を見せないこの問題。松本の次のツイートにも注目が集まる。

文・内村塩次郎

注目記事
「松本人志、三浦瑠麗へのクレーム殺到に苦言?賛否両論の”北朝鮮発言”」のページです。デイリーニュースオンラインは、松本人志ツイッターエンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧