ビートたけし独立騒動の真相が乱舞して何だか良く分からない件について|文◎やまもといちろう

デイリーニュースオンライン

ビートたけし独立騒動の真相が乱舞して何だか良く分からない件について|文◎やまもといちろう(写真はイメージです)
ビートたけし独立騒動の真相が乱舞して何だか良く分からない件について|文◎やまもといちろう(写真はイメージです)

 先日、ビートたけしが所属事務所「オフィス北野」からの独立を電撃発表し話題になっていましたが、今度は週刊新潮がパートナー女性からのビートたけし洗脳問題、さらにはたけし軍団からの声明として、つまみ枝豆らがブログに騒動の「解説記事」を掲載していました。基本的な流れは日刊大衆に出ていて、実際こんな感じなのでしょう。

◇◇◇

「ビートたけし」の“殿ご乱心”を招いた愛人 恩人は「洗脳から目を覚ませ」 https://www.dailyshincho.jp/article/2018/03211700/

たけし独立問題 軍団がオフィス北野に不満爆発 森社長「事実」― スポニチ Sponichi Annex 芸能 https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/03/27/kiji/20180326s00041000441000c.html

つまみ枝豆『たけし軍団より声明文 (本当のこと)』

https://ameblo.jp/tsumami-edamame/entry-12365006143.html

「ビートたけしの乱」オフィス北野独立の全内幕

https://taishu.jp/articles/-/58438

 新潮の記事とたけし軍団からの声明文は「ビートたけし(北野武)のギャラの振込先が女性とそのご子息の会社に移ったため、2017年にオフィス北野が赤字になり、リストラしなければならなくなった」という点で事情はほぼ同一であり、実質的にオフィス北野の稼ぎ頭であるビートたけしのギャラはかなりの部分がオフィス北野やその子会社に支払われなくなっているために芸人やそれを支えるスタッフのリストラをせざるを得なくなった、というのが実情なのではないかと感じられます。

 また、たけし軍団の声明が一字一句事実だとして、オフィス北野の森昌行社長による無断増資の前に、なぜか「オフィス北野の大株主グループ(東通関係 弊社株式の55%を所有)から、会社更生法を申し立てることが、急遽に決まり、大至急弊社で株式を買い取れないかとの打診があ」って、その森社長がオフィス北野から金を借りてオフィス北野の大株主から株式を買い取ること自体は別に良くある話で、それ自体が問題になるとすると森社長に法外な役員報酬が支払われていたという問題ぐらいでしょうか。いわゆる名義株であって、オフィス北野と森社長の間で金銭消費貸借契約書でもまき直し、議決権を行使しないなどの株主間契約などがあれば問題にならなかったように感じます。

 それにしても、それだけ大きく揉めているところで、普通は表に出すことのない社内事情をおおっぴらに声明という形で発表し、それでもなおオフィス北野にたけし軍団が残留する判断をしたというのは依然として謎です。営業口座の問題や、高い給料の問題で「恫喝した」とまで言われる社員もやはり営業面で優秀なので袂を分かてなかったのかは分かりませんが、森社長の手腕に疑問が持たれたというならばすんなり独立しておしまいのような気もします。

 ちなみに、ビートたけしをキャラクターで起用している企業はギャラの支払先の一部は確かにオフィス北野ではない法人にも支払っているようですし、ビートたけし自身も局に対して騒動について説明するにあたり「体力的に厳しくなってきたし、やり残していることをしたい」と説明していたのも事実のようです。つまりは、森社長も新潮もたけし軍団も各々の立場で語っている内容に間違いはなさそうだし、経営上の利益の取り分で不信感を抱いて衝突するという企業統治では教科書的にあり得る話で騒ぎが広がっているのだろうなあと外野としては思うわけであります。

 オフィス北野の社員が本当に高給ならば問題だったのでしょうが、日刊大衆のようにそこまでスタッフやマネージャーが高い給料を取っているようにも外からは見えず、常識的には高齢になったビートたけしが心の隙間に付け込まれて何かを焚き付けられて事務所組織が崩壊したって話なのかなあと感じます。ただ、世間的には「なんか騒ぎになっているな」で終わりでも、オフィス北野のタレントを起用する局などのプロデューサーの側はどうしても気にする話でしょう。

 実際、たけし軍団の声明通りの経緯であることは事実でしょうが、業界の金看板が良い形でまとまり直すことを期待してやみません。

著者プロフィール

やまもといちろうのジャーナル放談

ブロガー/個人投資家

文・やまもといちろう

※慶應義塾大学卒業。会社経営の傍ら、作家、ブロガーとしても活躍。著書に『ネット右翼の矛盾 憂国が招く「亡国」』(宝島社新書)など多数。

「ビートたけし独立騒動の真相が乱舞して何だか良く分からない件について|文◎やまもといちろう」のページです。デイリーニュースオンラインは、オフィス北野ビートたけしやまもといちろう連載などの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧