朴槿恵 懲役24年罰金180億ウォンの量刑が不当だと控訴

ゴゴ通信

朴槿恵 懲役24年罰金180億ウォンの量刑が不当だと控訴

ゴゴ通信の元の記事はこちらからご覧ください

【簡単に説明すると】
・朴槿恵が量刑が不当だと控訴
・6日に懲役24年、罰金180億ウォンの一審判決が下る
・日本では同情の声も

朴槿恵元大統領が6日の一審判決にて、懲役24年、罰金180億ウォン(約18億円)という判決が下された。
この日の法廷には朴槿恵は出廷せず、生中継されるのを拒んでいたようだ。

そんな朴槿恵は量刑が不当だとして、ソウル中央地裁刑事合意22部に控訴状を提出。

朴槿恵の幾つかの罪が全て認められたわけではなく、サムスンとミールKスポーツ財団からのお金は賄賂とは判断出来ず無罪と判断。18の罪状の内、16件が有罪となり、懲役24年、罰金180億ウォンと厳しい判決となった。

日本ではそんな朴槿恵の判決に対して「厳しすぎる」「日本は法治国家でよかった」「国民感情で罪状が決まるのか」「厳密に犯罪かどうかわからないのに懲役24年って」と同情の声も挙がっていた。一方韓国では「懲役30年~無期懲役でもいい」と厳しい声があった。

控訴期限は判決から7日間で、13日迄となっている。

朴槿恵 「無期懲役が妥当」

「朴槿恵 懲役24年罰金180億ウォンの量刑が不当だと控訴」のページです。デイリーニュースオンラインは、控訴判決朴槿恵韓国エンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧