どんだけガキなの?木下優樹菜、夫へのドッキリ企画で好感度ダダ下がり (1/2ページ)

アサジョ

どんだけガキなの?木下優樹菜、夫へのドッキリ企画で好感度ダダ下がり

 さすがに主張がめちゃくちゃ過ぎたようだ。

 タレントの木下優樹菜が6月14日に放送されたバラエティ番組「モニタリング」(TBS系)に出演。夫のFUJIWARA・藤本敏史にドッキリを仕掛けるも、展開のあまりの酷さに視聴者は呆れ返ってしまったようだ。

 今回のドッキリは、藤本を日本において、木下が語学留学のため子供2人とハワイに移住するとウソの相談をするというもの。その理由について木下は「子供は本当に成長を遂げてるんですよ、感動させられるぐらい。なんですけど、私から見て、旦那が成長してるのかな?っていう」と、藤本に父親としての成長が感じられないためと説明。そこで、今回のドッキリでは「父親としての意見や考えをきちんと言えるか」を見極めるのが目的だった。

 ところが注目されたのは、ドッキリそのものではなく、そのドッキリの仕掛け中に見られた夫婦喧嘩だった。

 相談中、藤本は「ハワイなんて行かなくて大丈夫だよ。あれあるじゃん! ハワイアンセンター! スパリゾートハワイアンズとかあるでしょ!」と、冗談交じりの発言。すると木下は「全然面白くない、それ。どういうつもりで今言った?」と、仕掛け人であることを忘れて一方的にブチ切れ。その後も木下は「どういうつもりで今言った? ユキ別にふざけてないからね」「自分さ、パパとしてどうなの?」と恐ろしい剣幕で迫り、ついには彼女が録画していたテレビ番組を藤本が消したことなど、日頃の鬱憤をぶつけ始めたのだ。

 確かに藤本の発言は芸人としてお粗末な面はあったが、そもそも木下のハワイ行きの理由説明が雑すぎるため、藤本が冗談交じりの返答をしてしまう気持ちもわかる。藤本が「残された自分はどうしたらいいか」と訊ねたときも、木下は「いいじゃん別に1人だって」と説得力ゼロの無責任な回答しかしなかったのだから致し方ないところだ。

 また、木下から攻めまくられる藤本が「寝る前、何でリビングの電気消さないのよ」と、反撃に出ると、木下は「じゃあさ何で自分はさ…」と言ったものの、その後が繋がらず明らかに動揺した様子だった。

「どんだけガキなの?木下優樹菜、夫へのドッキリ企画で好感度ダダ下がり」のページです。デイリーニュースオンラインは、人間観察バラエティ モニタリング藤本敏史ママタレント好感度木下優樹菜エンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧