「俺、好かれてる!」木村拓哉の神対応に嵐・二宮が有頂天

アサジョ

「俺、好かれてる!」木村拓哉の神対応に嵐・二宮が有頂天

 6月17日に35歳の誕生日を迎えた嵐・二宮和也が、同日放送されたラジオ番組「BAY STORM」(bay fm)でのサプライズ・メッセージにはしゃいだ。同番組では、毎年二宮の誕生日にゆかりのある人物から声のメッセージをもらうのが恒例。今年は、二宮主演で高視聴率が続く「ブラックペアン」(TBS系)の共演者からと予想した二宮だったが、何と登場したのは元SMAPの木村拓哉だった。

「同じジャニーズ事務所所属でありながら、これまでほとんど共演経験のなかったSMAPと嵐ですが、木村と二宮が初共演した映画『検察側の罪人』が8月24日に公開を迎えることから登場したものだと思われます」(映画ライター)

 同映画の撮影中、木村は座長として積極的に共演者とコミュニケーションを取り、二宮にも神対応したという。

「自分の着ていた洋服をどっさりプレゼントしたり、また『ブラックペアン』の収録現場にも、食べきれないほど差し入れをするなどの大盤振る舞い。二宮は『一生分の洋服をもらった』『俺は木村君に好かれている』と有頂天でしたね」(ジャニーズウォッチャー)

 サプライズ・メッセージの中で木村は、「バースデーソング」をアカペラで歌い、「ブラックペアン」の二宮の演技をベタボメ。映画共演時の印象を「やる時はやる、安心させてくれる後輩」と持ち上げた。

 10歳年下の後輩を下にも置かない扱いをしたのはなぜなのか。

「そりゃ映画のヒットのためですよ。歌手活動のなくなった木村は役者専業でやっていくしかない。映画が当たれば、先行きの不透明感も払拭できます。これで評価されれば、かつてのように発言権が増すし、相手役だってより取り見取り。木村にとっては、回収が見込める先行投資という事でしょう。二宮は木村のこの神対応に深く感謝しており、さらに頭が上がらなくなったのでは」(女性誌記者)

 昨春公開の木村の主演映画「無限の住人」は全国キャンペーンの甲斐もなく、興収10億円に届かなかった。大コケの許されないキムタク。二宮を巻き込んだ、なりふり構わぬ宣伝キャンペーンが間もなく始まる。

(塩勢知央)

「「俺、好かれてる!」木村拓哉の神対応に嵐・二宮が有頂天」のページです。デイリーニュースオンラインは、検察側の罪人BAY STORM二宮和也木村拓哉ジャニーズエンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧