“ひふみん”加藤一二三九段の「自由すぎるナレーション」に爆笑の嵐! (1/2ページ)

日刊大衆

“ひふみん”加藤一二三九段の「自由すぎるナレーション」に爆笑の嵐!

 6月19日放送の特番『世界で笑いと驚きが起きた瞬間200連発!?』(日本テレビ系)で、“ひふみん”こと元プロ棋士の加藤一二三(ひふみ)九段(78)が、ナレーションに初挑戦。とんでもない内容で、視聴者を爆笑させた。

 同番組では、世界中から寄せられたハプニング映像や衝撃映像を紹介。そのナレーションをひふみんをはじめ、ロバート秋山竜次(39)、平泉成(74)、ひょっこりはん(31)らが担当した。

 ひふみんは、象の赤ちゃんが女性に甘える映像のナレーションに挑戦。「引っついちゃいましたね」「初恋を思い出しちゃうなぁ」とコメントしたひふみんは、唐突に「一曲歌わせてもらおうかな~」と発言。

 するとひふみんは、小田和正の『ラブ・ストーリーは突然に』を熱唱。独特の音程とリズムでサビを歌いきると、ひふみんは「実はわたくし、初恋はしなかったんですよ」「ちょっと恥ずかしいです~」と謎のカミングアウトをしていた。

 さらに、闘牛のツノでズボンが脱げてしまった男性の映像では、ひふみんは「あれあれあれ?」「大事なところが見えちゃってますよ~、大事なところが」と連呼。

 続けて、新婦がウエディングドレスの裾を踏んでしまい、ドレスが脱げてしまう映像でも、ひふみんは「見えちゃってますよ! 大事なところが見えちゃってますよ」とコメント。

「“ひふみん”加藤一二三九段の「自由すぎるナレーション」に爆笑の嵐!」のページです。デイリーニュースオンラインは、ひょっこりはん加藤一二三秋山竜次ダチョウ倶楽部ダウンタウンDXエンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧