池田エライザ、「異邦人」の歌いっぷりが彼氏の母親に似ている?

アサ芸プラス

池田エライザ、「異邦人」の歌いっぷりが彼氏の母親に似ている?

 7月27日放送の「The Covers」(NHK BSプレミアム)で1979年10月にリリースされた久保田早紀(現在は久米小百合)による大ヒット曲「異邦人」を歌唱した、番組MCを務める池田エライザ。これまで番組MCを務めてきた夏菜、仲里依紗が歌唱したことはなく、今回の池田が初めて。さらに池田がテレビで歌唱するのもこれが初めてだった。

 5月25日放送の同番組に出演したエレファントカシマシの宮本浩次が「池田に歌ってほしい昭和の歌謡曲」として「異邦人」を挙げていたのだが、池田はオリジナルとはまったく違うアコースティックギター1本の演奏で、澄んだ伸びのあるファルセットを披露した。歌い終わった池田は、番組でレギュラーコーナー“BAR好猫”を持つ音楽ユニット・星屑スキャットのメンバーであるミッツ・マングローブ、ギャランティーク和恵、メイリー・ムーという普段は辛口トークが冴える3人から「エライザ、素敵よ。いいじゃない」と拍手され、照れくさそうに微笑む顔を見せた。

「驚いたのは池田の艶っぽい歌声や豊かな表現力はもとより、醸し出す雰囲気が歌手のUAに似ていたこと。UAといえば、池田と“熱愛修復報道”があったばかりの、ドラマ『この世界の片隅に』(TBS系)で海兵団員・水原哲を好演している村上虹郎の母親です。UAに似ている池田を恋人にしている村上は、もしかしたら結構なマザコンではないかと、音楽関係者の間ではちょっとした噂になっているのだとか」(音楽誌ライター)

 歌手でモデルだったフィリピン人の母を持つ池田。これから歌手としての活動も期待したいところだ。

「池田エライザ、「異邦人」の歌いっぷりが彼氏の母親に似ている?」のページです。デイリーニュースオンラインは、異邦人UAThe Covers池田エライザ村上虹郎エンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧