SKE48・松井珠理奈「休養長期化」に“天敵”宮脇咲良が大喜び

まいじつ

SKE48・松井珠理奈「休養長期化」に“天敵”宮脇咲良が大喜び

総選挙1位、『SKE48』松井珠理奈の復帰のメドがまるで立たない。このまま長期休業、あるいは『AKB48』グループから脱退するのではないかという声まで出始めている。

この事態に、松井との不仲が囁かれる『HKT48』の宮脇咲良が大喜びしているという。コトは6月16日に行われた『第10回 AKB48世界選抜総選挙』の開票イベントにさかのぼる。

「オープニングのダンスでヤル気の見えない宮脇に、松井が注意。すると宮脇は『なんで、あんたに……』と言い返し、場が険悪になった。結局、開票後メンバーによる記念撮影を宮脇がボイコットしたのです」(AKBライター)

ところが開票日の直後から、松井の方が「体調不良」で休業に入ってしまった。

「表向きは開票日まで3日間飲まず食わず。精神的にも肉体的にも疲れて休養するという話でしたが、実際には宮脇に取った態度を主催者に叱責され、大きなショックを受けた。それで仕事が嫌になったといいます」(同・ライター)

そのため、休業が長期化。ついに9月19日発売予定の『センチメンタルトレイン』のセンターの映像に間に合わないという“異常な事態”にまで発展してしまった。

「新譜のミュージックビデオは松井不在のまま制作。映像は松井が踊るセンターをCGで、ビデオ内のドラマは松井の絵コンテでゴマかされた。完全に窮余の策でしょう」(音楽ライター)

ファン不在の争いか?

松井、宮脇、どちらが悪いかは不明だが、AKBにおいて松井は2008年から活動している10年のキャリア。一方、宮脇は11年から活動と短く、年齢も松井より1歳年下。

「松井はAKB思いで、宮脇の無気力を注意した。しかし宮脇は、開票イベントがSKEのお膝元の名古屋で行われ、結果が見えている総選挙には最初からシラケていた。案の定、松井が1位で、宮脇は3位。当初は2位予想だったのに宮脇は3位に落ち、怒って撮影をボイコットしたのです」(前出のAKBライター)

ちなみに2位は、やはりSKEの自称「ブス力(りょく)」が売り物の須田亜香里。昨年の6位で、完全な名古屋票といわれる。

「宮脇は悪くても2位だという考えがあった。でも3位。これに怒りまくって、松井の長期休業には『引退すればいい』と言っているほど。宮脇は今、韓国のオーディション番組『PRODUCE 48』に出演中。番組オリジナル曲ではセンターを務めている。松井の休業は大歓迎だが、もし復帰ならばHKTと韓国を主活動にする予定です」(前出の音楽ライター)

2人のバトルは気になるが、話が本当なら松井があまりにもかわいそうだ。

「SKE48・松井珠理奈「休養長期化」に“天敵”宮脇咲良が大喜び」のページです。デイリーニュースオンラインは、宮脇咲良AKB48選抜総選挙松井珠理奈AKB48エンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧