新庄剛志「清原さんはハートが弱かった」清原和博との“意外な関係”告白 (1/2ページ)

日刊大衆

新庄剛志「清原さんはハートが弱かった」清原和博との“意外な関係”告白

 ド派手な言動とパフォーマンスで、球界を沸かせたスーパースター・新庄剛志氏(46)が、これまでの人生を振り返った自叙伝『わいたこら。』(学研プラス)。そこには、大金をだまし取られた“しくじり”をはじめ、「予知能力がある」「野村監督が好き」「すべて計算づく」など、驚きの記述が盛りだくさん。その真相を本人に直撃した!

「清原(和博)さんの本『告白』(文藝春秋)は、10万部でしたっけ? アレには勝たなきゃいけないね。やっぱり野球じゃかなわなかったから、本では大先輩の清原さんに勝ちたい。

 清原さんも、あんな“しくじり”をしていますけど、きっとハートが弱かったんですよ。あの世代の高校球児って、先輩からいじめられていたじゃないですか。僕もそうでしたけど、野球がうまいと、なおさらいじめられる。だからプロに入って、もういじめられないように“番長”になりたかったんでしょうね。弱い心を強く見せるために……。

 雑誌では仲がいいとか書かれたりしますけど、清原さんの電話番号も知らないし、飲みに行ったこともない。僕からしたら、清原さんはスーパースター……っていうか、もうムービースターですよ(笑)。僕は誰と会っても緊張しないんですが、清原さんクラスになると話は別。それぐらいスゴイ存在です。

 一方で、よく仲が悪いと書かれていた野村(克也)さんとは、実はめちゃくちゃ仲がいい。意外に気が合うんですよね。

 ただ、日ハム時代は楽天の監督だった野村さんと“仲悪く見せましょう”って話していた。パ・リーグを盛り上げるために、いつも2人でケンカして、マスコミを使って舌戦をどんどんやろうと。

 そんなことを、2人で食事をしながらミーティングしていましたね。僕が何か思いついて野村さんを食事に誘うと、“分かった”って来てくれるんですよ。

 そうやってパ・リーグを盛り上げて、日ハムは日本一にもなった。

「新庄剛志「清原さんはハートが弱かった」清原和博との“意外な関係”告白」のページです。デイリーニュースオンラインは、野村克也新庄剛志北海道日本ハムファイターズ清原和博スポーツなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧