フランス人の会社所属のクリエイターがNGT48の新曲を作曲 (1/2ページ)

ゴゴ通信

フランス人の会社所属のクリエイターがNGT48の新曲を作曲

ゴゴ通信の元の記事はこちらからご覧ください

【簡単に説明すると】
・NGT48の新楽曲「世界の人へ」がリリースされる
・Mr.LIVEは日本大好きなフランス人の会社に所属

2018年10月3日にリリースされる『NGT48』4thシングル『世界の人へ』表題曲『世界の人へ』のMUSIC VIDEOをFull Versionで公開!! 監督は、映画『ブランカとギター弾き』で世界中の映画祭でグランプリや観客賞を受賞した長谷井宏紀監督。新潟の姉妹都市・ロシア ウラジオストクで撮影された映像美にも注目!!
さらに世界119ヶ国に配信されることが決定した。

この楽曲を作曲したMr.LIVEはなんとフランス人が経営するMYSTICAL NIGHTに所属。そのほかにも数々のクリエイターが所属し現在8名で、今後10名に増える予定。代表のフランス人は田舎で育ちで、英語、フランス語、日本語を話すことが可能。実は編集部とも親交があり、過去にフランスに行ったときに現地を案内してもらった人物でもある。

Mr.LIVEの一言
「今回「世界の人へ」という大きなテーマでの作品に携わらせていただくという素敵な機会をいただけた事に
NGT48関係者様、NGTファンの皆さんに心より感謝申し上げます。
頭でなく心で聴いて伝わる音楽の形と、新しい音楽スタイルの方向を今後も皆さんと共に楽しんで参りたいと思います。」

もともとオードン・フランスというMystical Night株式会社の社長は千夜(・SeNYa)
という活動名でニコニコの音楽活動をしていたもので、歌い手活動をしながら、音楽、デザインとITの制作会社をスタートしはじめた。

「フランス人の会社所属のクリエイターがNGT48の新曲を作曲」のページです。デイリーニュースオンラインは、世界の人へMr.LIVENGT48エンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧