タイガース歴代監督「好感度」ランキング 虎党の心を掴んだ「名将」は誰だ (1/2ページ)

Jタウンネット

「どの阪神監督が好きでしたか?」順位表(Jタウンネット調べ)
「どの阪神監督が好きでしたか?」順位表(Jタウンネット調べ)

今季リーグ最下位に沈んだプロ野球・阪神タイガース。金本知憲監督がチームを去り、新たに矢野燿大新監督が就任。来季の巻き返しを狙っている。

新監督就任を前にJタウンネット研究所は2018年10月14日から31日まで、「どの阪神監督が好きでしたか?」と題してアンケート調査(総得票数626票)を行った。

果たして、その結果は――。

あの闘将を抑えて1位を獲得したのは?
「どの阪神監督が好きでしたか?」順位表(Jタウンネット調べ)

今回の調査では85年に就任した吉田義男氏から18年シーズンをもって退任した金本氏までの10人。その間に阪神は85年、03年、05年の3度リーグ優勝をしているが、優勝時の監督(吉田氏、故・星野仙一氏、岡田彰布氏)を抑え、見事1位に輝いたのは野村克也監督だ。

ほかの監督を突き放してぶっちぎりの1位。割合も全体の37.2%を獲得した。都道府県別のデータを見ても35の地域で1位、特に広島県では16の得票全てが野村氏に投票され100%となった。

2位は03年歓喜の優勝を果たした星野仙一氏。東京都、神奈川県などで1位を獲得したほか、地元・岡山県で野村氏を大きく離して10票を獲った。しかし、阪神ファンが多くいる大阪府では10票を得た野村氏と岡田彰布氏に比べて得票が伸ばせず、5票止まりとなった。

3位は二代目「ミスタータイガース」の異名をとる故・村山実氏がランクイン。石川県と山形県で首位に立った。

85年の優勝監督の吉田氏は6位、05年の優勝監督の岡田氏は5位とそれぞれ中位に食い込んだ。残念ながら最下位となった藤田平氏はわずか2票、東京都と神奈川県で1票を得たのみであった。

2010年代の監督が軒並み下位の中で唯一、真弓氏が善戦。青森県で野村氏と同率で1位に並んでいる。ちなみに、甲子園を擁する地元・兵庫では、1位が野村氏、2位が星野氏、3位が吉田氏の順。大阪では、野村氏と岡田氏が同率1位という結果だった。

「タイガース歴代監督「好感度」ランキング 虎党の心を掴んだ「名将」は誰だ」のページです。デイリーニュースオンラインは、スポーツなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧