40周年で到達!昭和53年に連載スタートしたギャグ漫画「パタリロ!」が遂に100巻を達成 (1/2ページ)

Japaaan

40周年で到達!昭和53年に連載スタートしたギャグ漫画「パタリロ!」が遂に100巻を達成

漫画家の魔夜峰央さんの代表作「パタリロ!」。昭和53年(1978年)に「花とゆめ」で連載が開始され今年で連載40年。11月20日についにコミックス第100巻が発売されることになりました!

100巻ってすごい…里見八犬伝でさえ98巻というのに。同一タイトルで100巻以上刊行された作品は国内では「パタリロ!」が14番目にあたるそうです。

魔夜峰央さんの作品といえば、「埼玉県人には草でも食わせておけ!」で話題の「翔んで埼玉」が2019年に実写映画化されることになっています。

「埼玉県人には草でも食わせておけ!」埼玉県人必見の映画「翔んで埼玉」予告編映像がついに公開!

今回の「パタリロ!」100巻突破を記念して、公式ファンブック「パタリロ! 99.9 [トリビュート・ファンブック]」と傑作選2作品が、100巻と同時発売されます。また、原画展やグッズ販売、サイン会など記念イベントも目白押し。

「40周年で到達!昭和53年に連載スタートしたギャグ漫画「パタリロ!」が遂に100巻を達成」のページです。デイリーニュースオンラインは、パタリロ昭和時代コミック漫画カルチャーなどの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧