宮川大輔『イッテQ!』に決意の直訴!「祭りをやらないなら降板します」 (1/2ページ)

日刊大衆

宮川大輔『イッテQ!』に決意の直訴!「祭りをやらないなら降板します」

 11月18日放送の『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)で、ヤラセ疑惑が騒動になっている番組内の人気企画「世界で一番盛り上がるのは何祭り?」について、謝罪テロップが流れた。

 番組冒頭、白画面にテロップで「ご心配をおかけする事態に至ったことについて深くお詫び申し上げます」「番組制作のあり方を猛省し、『祭り』企画については、当面の間休止致します」といった文章が表示され、1分14秒にわたって女性ナレーターがその謝罪文を読み上げた。

「日テレは責任者の処分を検討するなど、対応に追われているようですが、ヤラセ疑惑の発端となった『祭り』企画の主役・宮川大輔(46)が、“祭り企画を今後やらないなら番組を降板します”と、スタッフに宣言したそうなんです」(放送作家)

『週刊文春』(文劇春秋)のスクープによって騒動になったこのヤラセ疑惑。一部スポーツ紙などでは『文春』報道後、13日に初めての番組収録が行われ、内村が観覧客や視聴者に対して「お騒がせしてすみません」と謝罪したことが伝えられた。

 11月15日には、日本テレビの大久保好男社長が民放連会長の定例会見で「疑念や心配をかけることになり申しわけない」「当面、祭り企画は休止する」と謝罪。また、取材陣から内村が観覧席に謝罪したことも質問が出たが、「出演者には落ち度はない」としたうえで、「非常に恥ずかしい、内村さんに対して非常に申し訳ない。内村さんにも私達がお詫びしなければいけない」と説明した。

 前出の放送作家は話す。

「宮川が“降板”の件を話したのも13日の収録の日のこと。本番前に、チーフプロデューサー以下、番組の幹部数人と宮川で話し合いがもたれたそうです。

「宮川大輔『イッテQ!』に決意の直訴!「祭りをやらないなら降板します」」のページです。デイリーニュースオンラインは、世界の果てまでイッテQ!内村光良宮川大輔日本テレビエンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧