キムタク次女Koki,、「映画に出ていないのになぜ?」映画賞受賞に疑問の声

デイリーニュースオンライン

インスタグラム:koki,(@kokiofficial_0205)より
インスタグラム:koki,(@kokiofficial_0205)より

 木村拓哉と工藤静香の次女でモデルのKoki,(15)が「ELLE CINEMA AWARDS 2018」で「エル・ガール ライジングスター賞」を受賞したことを受け、インスタグラムで報告したものの、ネットから不信の声が集まっている。

 Koki,は26日に同賞を受賞。賞については「エンタメ界において今年最も輝いており、これからの活躍を応援したい女性」とのことだが、同映画賞で映画出演経験のない受賞者ははじめてとなる。

 同日、Koki,は自身のインスタグラムを更新し、「素敵な賞を頂きとても光栄です」とコメント。トロフィーを手にした笑顔の自身の写真を2枚公開した。さらに今後についても「これからも一生懸命頑張ります」とし、「本当にありがとうございました」と述べていた。

 しかし、これについてネット上では、「いくらなんでもこれはないでしょ…」「もはやKoki,本人が被害者に思えてくるほどのゴリ押しっぷりだな」「映画にも出てないのにいったい何を頑張るんだ?」といった批判が殺到する事態となっている。

 Koki,の受賞した「ライジングスター賞」は今年新設されたものということもあり、ネットユーザーの不信感を買ってしまったようだった。

「キムタク次女Koki,、「映画に出ていないのになぜ?」映画賞受賞に疑問の声」のページです。デイリーニュースオンラインは、Koki,エンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧