原巨人&矢野阪神誕生で「長嶋VS野村」の死闘再び!

日刊大衆

画像はイメージです
画像はイメージです

 巨人と阪神。窮地に立たされている伝統の2球団が、ともに新体制での出直しを図っている。

 今季、4年連続V逸に終わった巨人。来季は常勝軍団復活を目指し、原辰徳監督(60)が3度目の指揮を執ることになった。

「原監督は、リーグ優勝7回、日本一3回という巨人きっての名将。来年優勝を逃せば、球団創設以来のワースト記録ですから、球団はチーム編成すべてを委ねる“全権監督”という特別待遇で、原監督を迎えています」(スポーツ紙デスク)

 だが、阪神は近年、巨人以上の低迷が続いている。優勝から遠ざかること実に13年。しかも今季は最下位に転落している。そんな最悪のチーム状況を立て直すべく起用されたのが、矢野燿大新監督(49)だ。

「今季、阪神の2軍は8年ぶりにウエスタンで優勝。日本一にも輝いています。その立役者となったのが、矢野2軍監督。就任1年で結果を出した手腕が高く評価され、猛虎再生を託されました」(スポーツ紙記者)

 巨人、阪神といえば長年、激闘を繰り広げてきた“永遠のライバル”。新指揮官となった2人も、「伝統の一戦」でしのぎを削ることになる。「この2人の場合は、単なるライバル球団の監督同士、というだけでは終わらないでしょうね」 こう語るのは、球界事情通だ。

「彼らの“師匠”は、長らく敵対関係にありました。師匠の遺伝子を受け継ぎ、指導者となっている2人ですので、来季は師匠のプライドを背負って、ぶつかりあう……ある意味“代理戦争”が繰り広げられるというわけです」(球界事情通)

 長く深い因縁を持つ彼らの師匠――。それは球界最大のライバル、長嶋茂雄巨人軍終身名誉監督(82)と、野村克也氏(83)に他ならない。

 原監督は、長嶋第二次政権下でコーチとなり、そこで巨人指揮官としての帝王学を叩き込まれた。

「試合後は、2人きりで采配を振り返るのが恒例でした。もともと原さんは“長嶋派”ではなく藤田派。それでもミスターは、後継者として惜しみなく野球理論を伝授したんです。そんなミスターに最後は原さんも、すっかり心酔していたといいます」(巨人番記者)

 英才教育を受けた後、原コーチは、長嶋氏の後任として監督に就任。師匠の期待に応え、就任1年目で日本一達成という快挙を成し遂げている。

 一方の矢野監督は、1999年に阪神監督に就任した野村氏によって、球界を代表する名捕手へと育て上げられた。

「野村さんは“頭を使え!”と、矢野に考える野球を意識させていった。もともと守備には定評があった矢野ですが、これで打撃が開眼。打率3割をマークできるようになり、結果、捕手としても洞察力やリードがさらに成長していきました」(虎番記者)

 野村氏のボヤキを間近で聞き続け、野球脳を確立していった矢野監督。今でも、“野村監督に教わったことが財産”と公言している。

 長嶋、野村両氏に、大きな影響を受けた原と矢野。彼らの激突が“代理戦争”となる背景には、やはり師匠の長い対立の歴史がある。

 その始まりは、現役時代にまでさかのぼる。巨人の長嶋、南海の野村。年齢的に同学年でもある2人は、セ・パ両リーグを代表する強豪チームの中心選手として出会った。

 しかし、その地位を築くまでの道のりは、あまりにも対照的だった。「六大学野球の人気者だったミスターは、争奪戦の末に巨人入団。契約金は当時の最高額でした。そして1年目からレギュラーをつかみ、本塁打と打点の二冠を獲得。新人王にも輝いて一躍、球界のスーパースターとなったんです」(当時を知る元記者)

 片や野村氏は、大学卒の長嶋氏より4年早くプロ入り。ただし、プルペンキャッチャーでのテスト入団だった。「ブルペン捕手は通称“カベ”。投手の練習台でしかなく、いつクビを切られてもおかしくない立場です。しかしノムさんは、そこから猛練習に猛練習を重ね、3年目で1軍の正捕手の座を勝ち取った。まさに、努力の人なんです」(前同)

 そんな野村氏は、巨人、そして長嶋氏のことを常に意識していた。

「当時のプロ野球は、巨人戦のあるセ・リーグの人気が圧倒的。パ・リーグの選手にしてみれば、“実力じゃオレたちが上”という自負があった。本来、お祭りであるオールスターゲームでも、パの選手たちは絶対に負けたくないと、みんな目の色を変えてプレーしていたほど。その筆頭がノムさんだった」(同)

 実際、野村氏はオールスター戦でも長嶋氏を本気で抑えにかかった。ときには、セの投手陣に弱点を聞いて回っていたという。それでも、この天才打者は抑え切れなかったようだ。

「最近も、ノムさんは“最後まで長嶋の攻め方は分からなかったよ”とボヤいていました。お得意の囁き戦術も、まったく通用しなかったそうです。“最近、銀座行ってる?”と話しかけても、ミスターは“このピッチャーはどう?”なんて返してきて、会話が成立しなかったのだとか(笑)」(前出のデスク)

 リーグは違っても、“打倒長嶋”に燃えていた野村氏――。さらに、現在発売中の『週刊大衆』12月24日号では、監督時代にもあった長嶋氏と野村氏の遺恨や、来季の代理戦争の行方を詳報している。

「原巨人&矢野阪神誕生で「長嶋VS野村」の死闘再び!」のページです。デイリーニュースオンラインは、野村克也原辰徳長嶋茂雄巨人プロ野球スポーツなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧