高須院長、「ボクならCM降ろします」辺野古反対のローラに言及で反響続々

デイリーニュースオンライン

高須院長、「ボクならCM降ろします」辺野古反対のローラに言及で反響続々(写真はイメージです)
高須院長、「ボクならCM降ろします」辺野古反対のローラに言及で反響続々(写真はイメージです)

 美容クリニックの高須クリニックの院長・高須克弥氏(73)が24日、ツイッターを投稿して話題になっている。高須氏は米軍・沖縄の普天間飛行場の名護市辺野古への移設に関し、工事中止の署名を呼びかけたタレントのローラ(28)について、批判的に言及した。

 ローラの発言については芸能界でも賛否が飛び交っており、芸能人が政治的な発言をすることの是非が問われていた。とくにローラがCMを中心に活動していることから、スポンサーの意向でCMを降ろされるのではといった憶測も広がり、23日放送の『サンデージャポン』では、演出家のテリー伊藤(68)が「この程度の発言でコマーシャル降ろす会社って何なの?」とローラを擁護していた。

 高須氏はこうしたテリーの発言を引用しながら、「テリーさんのおっしゃる通りスポンサーの自由です。僕なら降ろします」とつづり、ローラの言動を疑問視していることを明らかにした。こうした高須氏の投稿に対し、ツイッターアカウントにはいいねが6000件以上付けられ、多くの賛同の意見が寄せられている。

「野放しにしたらスポンサーが無知だと思われてしまいます。気に入らないCM出してる企業、不買する自由はスポンサーのカスタマーにもあります」

「そら、企業も死活問題に繋がるん訳で。ボランティアでやっとる訳ではないので」

「ハリウッドの人たちが、アメリカのCMに出ることは滅多にないです。だからこそ、トランプ批判など、自由な発言ができるんです」

「当たり前です。使う使わないは、スポンサーの自由」

「スポンサーをされたことのある高須先生のお言葉。重すぎます」

「この程度の発言ってのが、テレビ業界にいた人と思えない言動🙄昔はスポンサーがおおらかだったって事?」

「大企業の看板を背負う訳なので、これまでのカラーを急に変えられてしまうと確かにCMのイメージも変わってしまいますね」

「そら、CM観た視聴者が買ってくれるか否かで選択しますわねぇ。活動資金提供の場じゃないんだから」

「ローラのCMの企業は、今後一切買いません!!」

 その後は辺野古についてまったく触れなくなったローラ。日本では騒動が過熱するも、ローラはを知ってか知らずかクリスマスをミシシッピー州で過ごすなどアメリカ滞在を楽しんでいる様子を伝えている。

文・芸能ライター編集室

「高須院長、「ボクならCM降ろします」辺野古反対のローラに言及で反響続々」のページです。デイリーニュースオンラインは、高須克弥ローラエンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧