河北麻友子『イッテQ!』で共演者に「罵倒・毒舌」連発し視聴者ドン引き

まいじつ

河北麻友子『イッテQ!』で共演者に「罵倒・毒舌」連発し視聴者ドン引き

タレントの河北麻友子が、1月6日放送の『世界の果てまでイッテQ!新春2時間SP』(日本テレビ系)に出演。番組中に毒舌や悪態を連発し、視聴者の間では賛否両論が飛び交う事態となった。

河北が出演したのは、出川哲朗が女性タレントたちと珍道中を繰り広げる『出川女子会』の第2弾。今回はアメリカ・ロサンゼルスの観光スポットを巡るツアーを組み、『ユニバーサル・スタジオ・ハリウッド』などを訪れた。

一行はアメリカのゾンビドラマ『ウォーキング・デッド』を題材にした、お化け屋敷のようなアトラクションを体験。しかし、ゾンビが苦手な河北は「絶対ヤダ!」と困惑気味に叫び、ペアで体験することになったデヴィ夫人に対しても「(夫人の顔を)暗闇で見たら絶対怖いって!」と失礼な冗談を浴びせていく。

女の醜いとこ凝縮したようなヤツ

さらに、河北はアウトドア施設での料理対決でも、「アクアパッツァを作る」という谷まりあに「超簡単」「ぶっ込むだけ」と辛辣なコメントを連発。続いて、普段から料理を作るという堀田茜にも敵意を剥き出しにし、出川から「顔!顔!顔!」とツッコまれるほど鋭い目つきでにらみつけていた。

堀田が和風ハンバーグを作ると明かすと、ここでも河北は「出たよ」「わざと普通のもの作るでしょ?」と一刀両断。出川の「茜ちゃんのこと嫌いなの?」との質問にも「もうムカついてしょうがない」と答え、調理中も「普通そんな切り方しない」「男が好きなハンバーグを作るなんて分かりやすい女」などと毒舌を炸裂させた。

ツイッターでは、

《イッテQ見てんだけど、河北麻友子怖いです》
《さすがに言い過ぎ》
《女の醜いとこ凝縮したようなヤツだな》
《小さい子どもに河北麻友子の悪口は見せたくないわ》

などと口の悪さを指摘する声が続出。しかし一方で、

《文句ばっか言ってて面白いwww》
《河北ちゃんはそのままでいいと思う》
《1つのくだりとして成立してる》

のように、毒舌キャラとして受け入れる視聴者も目立っている。

なお試食では、河北作の油淋鶏が圧倒的に「おいしい」との評価を受ける結果に。口は悪いが、料理の腕前は確かなようだ。

「河北麻友子『イッテQ!』で共演者に「罵倒・毒舌」連発し視聴者ドン引き」のページです。デイリーニュースオンラインは、河北麻友子世界の果てまでイッテQ!エンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧