GACKT仮想通貨スピンドル“事件化”で『格付け連勝記録』終了の可能性

週刊実話

GACKT仮想通貨スピンドル“事件化”で『格付け連勝記録』終了の可能性

 新年恒例の人気番組『芸能人格付けチェック!これぞ真の一流品だ!2019お正月スペシャル』(テレビ朝日)で、個人連勝記録を58にまで伸ばしたロックミュージシャンのGACKT。昨年に続き今年もX JAPANのYOSHIKIとタッグを組み、いつものように博識ぶりを披露したが、これまたいつものようにヤラセ疑惑が飛び出し、否定するという“恒例行事”も起きていた。

 そんなGACKTだが、予期せぬ形で連勝記録がストップすることになるかもしれない。今年はいよいよGACKTが運営メンバーとして関わっている仮想通貨SPINDLE(スピンドル)について大きな動きがあるとの情報が飛び交っており、出演自体が今回で最後となってもおかしくないというのだ。

 GACKTは放送後に巻き起こったヤラセ疑惑に、SNSで《格付け放送後は、必ず絶対的な強さを見せ付けたゴシップ誌がヤラせと騒ぎ始める。まあ、売りたいだけなのだろうが言いたい放題だ。58連勝なんて天文学的な確率だと》などと反論。20%に迫る高視聴率を獲得した人気番組で、改めてその実力を見せ付けたのだが、連勝記録を伸ばしたことを喜んでばかりはいられない。

 「GACKTにとって今年、解決しなければならないのは暴落したスピンドル問題。“被害者”が多数おり、すでに捜査当局が動いているとの情報もある。またGACKTの勧めで買った人たちもそのほとんどが損しており、今もGACKTに怒っている。GACKTは『自分も損した』と釈明しているが、それを信じておらず、追及の手を緩めるつもりはない」(芸能事務所関係者)

 テレ朝内部も捜査当局の動きやスピンドルの現状を把握しており、次回のGACKTの出演に確信が持てていないのが実情だ。

 「もちろんGACKTは番組の看板であり、絶対に出演してほしいことには変わりはない。だが仮にスピンドルが事件としてはじけてしまうと、もう出演させることはできない。GACKTは運営にも関わっていると自分で言っているわけだから」(テレ朝関係者)

 GACKTは今後も連勝記録を伸ばすことができるか。すべてはスピンドルの行方にかかっていると言えるだろう。

「GACKT仮想通貨スピンドル“事件化”で『格付け連勝記録』終了の可能性」のページです。デイリーニュースオンラインは、エンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧