サザンオールスターズは、やっぱり米津玄師に怒ってた!? 紅白が頭を抱える「2年目の遺恨」 (1/2ページ)

日刊大衆

※画像はイメージです
※画像はイメージです

 2018年大みそか、平成最後の紅白歌合戦は、見どころが多かった。サザンオールスターズは35年ぶりにNHKホールでパフォーマンス、ユーミンこと松任谷由実(64)もNHKホールにサプライズ登場、サブちゃんこと北島三郎(82)の復活、米津玄師(27)初のテレビ生出演など、多くの話題を集めた結果、2年ぶりに視聴率40%超えを記録した。

 NHK関係者も、胸をなでおろしている……と思ったが、「新たな火種が生まれてしまった。今年の年末が思いやられる」と、頭を抱えているという。いったいどういうことなのだろうか。

「視聴率回復の要因となったサザンと米津玄師の遺恨です。自分たちが紅白最後の隠し球だと信じていたサザンにとって、不出場だったはずの米津玄師の出演は寝耳に水の出来事だったようです。また米津は、急遽出演が決定したにもかかわらず、彼の故郷である徳島県の大塚国際美術館内に5000本のキャンドルをともすという凝ったステージが用意され、国際的に活躍する菅原小春をダンサーに起用するなど、超特別待遇。最後の目玉アーティストが自分たちではなかったことは、サザンのプライドを大きく傷つけたはずです」(芸能記者)

 こうしたサザンのとまどいと怒りを察した一部のネットメディアは、12月28日に「米津の急な出場決定にサザンが激怒している」という記事を掲載。ネットは、この記事をめぐって一時騒然となった。

「サザンオールスターズは、やっぱり米津玄師に怒ってた!? 紅白が頭を抱える「2年目の遺恨」」のページです。デイリーニュースオンラインは、ツイッター(twitter)米津玄師北島三郎不仲サザンオールスターズエンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧