イモトアヤコの鼻血が汚い?「家売るオンナの逆襲」視聴率急降下の“理由”

アサ芸プラス

イモトアヤコの鼻血が汚い?「家売るオンナの逆襲」視聴率急降下の“理由”

 美人女優の北川景子が、目を大きく見開いて「GO!」と叫ぶシーンが印象的なドラマ「家売るオンナの逆襲」(日本テレビ)。2016年に放送された第1シリーズは、平均視聴率11.6%で、最終回は13.0%の高視聴率をマークした。現在放送中の第2シリーズも、初回の平均視聴率は12.7%と好スタートを切り、第2話では12.9%とポイントを上げた。しかし、第3話は11.4%と1.5ポイントも急降下し、1月30日に放送された第4話は10.7%になってしまった。

 視聴率急落の原因について、さるテレビ誌ライターは「イモトアヤコ演じる白洲美加にある」と断言する。

「第2話で、主人公・三軒家万智(北川)のライバルとしてフリーランスの不動産屋・留守堂(松田翔太)が主要キャストに加わりました。彼は、三軒家が務めるテーコー不動産の社員行きつけのバーに通うようになります。そこには、白州がバイトとして働いているのですが、イケメンの留守堂に興奮して鼻血を出しまくるシーンがあり、それが視聴者からは『イモトの鼻血汚い』とドン引きされたのです。第4話では、臼田あさ美扮するバーのママ・こころの不在シーンが多くイモトばかりが出てきました。これも『イモトは出さなくてもいい』と不評でした」

 視聴者から嫌われているのは、白州だけでない。テーコー不動産の新人、鍵村洋一(草川拓弥)と床嶋ゆかり(長井短)。この2人、とにかく労働意欲が欠如していて「新人ウザい」と視聴者をイラつかせている。

 視聴率V字復活のカギは、白州の登場シーン減と新人2人の労働意欲の目覚めにかかっているようだ。

「イモトアヤコの鼻血が汚い?「家売るオンナの逆襲」視聴率急降下の“理由”」のページです。デイリーニュースオンラインは、家売るオンナ鼻血松田翔太イモトアヤコ北川景子エンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧