“希代の巨根ワル”羽賀研二に地獄へ突き落とされた被害者たち (1/3ページ)

週刊実話

“希代の巨根ワル”羽賀研二に地獄へ突き落とされた被害者たち

 詐欺事件で服役中の元タレント・羽賀研二受刑者(本名・當眞美喜男、57歳)が、出所直前に元妻の當眞麻由容疑者(41)と強制執行妨害などの容疑で沖縄県警に1月18日逮捕された。

 逮捕容疑は、2017年1月、羽賀容疑者が所有する土地・建物の所有権を麻由容疑者に移転登記し財産を譲渡したように装った疑い。同容疑者は詐欺罪などで懲役6年の判決が13年に確定し服役していた。

 これまで羽賀の口車に乗せられ、人生を狂わされた被害者は数知れず。芸能界で“希代のワル”と呼ばれた羽賀に「同情の余地はない」と言う声が方々で上がっている。

 「梅宮アンナが羽賀に人生をメチャクチャにされた話は芸能界の語り草になっています。羽賀のジゴロ体質や巨チンで騙された女性は枚挙に暇がない」(羽賀と交流があった元女性誌記者)

 羽賀は1982年に人気バラエティー番組『笑っていいとも!』(フジテレビ系)の初代『いいとも青年隊』に起用され脚光を浴びたが、その頃から女性ファンに物品を借りては返さないというトラブルが絶えなかった。
「手当たり次第に女にも手を出していた。金を借りても返さない生粋のジゴロ。酷い男でした」
 と語るのは羽賀をデビューから知る芸能関係者。

「とはいえ、芸能界では礼儀正しく装っていましたから、裏の顔を知らない業界関係者からの評判はよかった。羽賀が準主演に抜擢された映画『夏服のイヴ』(’84年公開)では、主演の松田聖子が羽賀の巨チンにぞっこんとなり、六本木のホテル密会が噂されました」(同)

 羽賀は『いいとも青年隊』を’85年3月に卒業後、東京・大田区在住の未亡人に沖縄リゾート開発話を持ち掛けて金銭トラブルに発展。当時、救いの手を差し伸べたのが、住専問題で世間を騒がせた“浪速の借金王”S氏だった。

 「S氏は羽賀のタニマチ。梅宮辰夫とも“兄弟分”と呼ばれるほど親しい関係だったんです。S氏の会社がハワイでゴルフコンペを開催した際、梅宮が娘のアンナを一緒に連れて行ったところ、羽賀とできてしまった。

「“希代の巨根ワル”羽賀研二に地獄へ突き落とされた被害者たち」のページです。デイリーニュースオンラインは、エンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧