マッサージ嬢“泥酔レイプ”のあまりに高い代償 新井浩文自己破産一直線

週刊実話

マッサージ嬢“泥酔レイプ”のあまりに高い代償 新井浩文自己破産一直線

 人気俳優の新井浩文(40、本名・朴慶培=パク・キョンベ)が2月1日、強制性交の疑いで警視庁に逮捕された。直接の逮捕容疑は、女性マッサージ店従業員の頭を押さえつけるなどして乱暴した疑い。事件が起きたのは昨年7月だった。

 「新井はしこたま酒を飲んでいたようです。自宅に呼んだ30代の女性マッサージ嬢の手を掴むと、むりやり自分の局部を触らせ、そのまま自分の股間に顔を押し付け口淫を強制したというんです」(捜査関係者)

 被害者女性は、その日のうちに新井の自宅があった警視庁世田谷署に被害届を提出。昨年から数度にわたる任意聴取後、逮捕された。

 「驚いたのは警視庁捜査一課が出向いていることです。よほど悪質な案件だと捉えられたのでしょう。ただ、気になるのは新井の主張です。大まかには容疑を認めているのに、なぜか『やったこともあるが、やっていないこともある。頭は押さえつけていない』などと一部について否認を繰り返す。新井は同意だったと考えていたようです」(同)

 いずれにせよ今後、新井を待ち受けているのは厳しい現実だ。俳優という生業を失った男には到底支払うことのできない損害賠償請求が待ち構えているからだ。

 新井は、草彅剛主演映画『台風家族』と、林遣都とのW主演映画『善悪の屑』の2本が公開を控えていた。
「仮に被害者女性との示談がまとまらなかった場合、この2本はお蔵入りになる。『台風家族』の総製作費は1億円。『善悪の屑』は6000万円超。これに製作費の2〜3割が相場とされるPR費がそれぞれ掛かる。プラス、劇場を押さえる費用も…。結果、映画の損失だけでも3億円の相場になるんです」(事情通)

 他にも、スマートフォン向けゲームのCMに昨年11月から出演している。
「CMのギャラ2000万円は返却、さらに莫大な違約金が発生する」(同)

 意外と侮れないのはドラマ&映画、バラエティー番組のDVDコンテンツ。
「新井は映画『SUNNY 強い気持ち・強い愛』、『散り椿』、ドラマ『今日から俺は!!』(日本テレビ1話分)、『美しき酒呑みたち』(BSフジ)のDVDがリリース予定だった。延期の場合はその期間にかかった宣伝費を、お蔵入りになったら出演料や制作費すべてを支払うハメになる」(同)

 強制自己破産か。

「マッサージ嬢“泥酔レイプ”のあまりに高い代償 新井浩文自己破産一直線」のページです。デイリーニュースオンラインは、エンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧