市川海老蔵「毎日、麻央が夢に...」葛藤の日々を明かす

日刊大衆

市川海老蔵「毎日、麻央が夢に...」葛藤の日々を明かす

 2月22日、歌舞伎俳優の市川海老蔵(41)が自身のブログで、妻の小林麻央さんが亡くなってから20ヶ月たったことを報告した。

 この日、海老蔵は「ここ数日」と題したブログを更新し「毎日、麻央が夢に、夢の最後の場面は 麻央が家の何処にもいなく 探していると 何処かから ふと 戻ってくる夢、もう、すごく探したよ、どこ行ってたのぉ 私が言うと 微笑んで抱き合う夢」(原文ママ)と、連日麻央さんが夢に出てくると説明。

 また、「20ヶ月たって ようやく 本当の悲しみ 喪失感 現実で有る事を 突きつけられ ようやく芯の悲しみと向き合えるだけの 私自身になったのか?と 朝から 思っています」と、麻央さんの死から20ヶ月たった現在の心境について明かした。

 そして最後には「最愛の人の死を受け入れる事は やはり とても とても時間のかかる事なのですね」と本音をつづっている。

 その後に更新されたブログでは、長女の麗禾ちゃんの朝ごはんのメニューを公開。麻央さんの死を受け入れることに対する葛藤を覚えつつも、父親として子どもたちをしっかりと支えているようだ。

「市川海老蔵「毎日、麻央が夢に...」葛藤の日々を明かす」のページです。デイリーニュースオンラインは、小林麻央SNS市川海老蔵ブログエンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧