ドラ1新人「ビッグ4」の躍進を阻む「致命的欠陥」(2)球団内からの期待が集まる日ハム・吉田輝星 (1/2ページ)

アサ芸プラス

ドラ1新人「ビッグ4」の躍進を阻む「致命的欠陥」(2)球団内からの期待が集まる日ハム・吉田輝星

 人気で根尾に負けていないのは、甲子園で熱投し、甘いマスクで女性ファンの視線を集めた日本ハムの吉田輝星(18)。秋田出身の朴訥とした雰囲気で好感度も上昇。日本ハムの2軍キャンプは、沖縄本島最北という交通不便な国頭村で行われているが、大勢のファンが殺到し、慌てた国頭村サイドがブルペンに特別観覧席を作った。しかし、そこも連日、満員となっている。

 栗山英樹監督(57)は、米国アリゾナキャンプメンバーが沖縄に合流した16日にさっそく吉田を紅白戦に登板させるなど、期待値は高い。大田泰示(28)に一発を食らったが、栗山監督は「非常に楽しみ。あれくらい荒れたほうがいい」と称賛。辛口の荒木大輔2軍監督(54)まで「早く1軍に上げて経験させたほうがいい」と推薦している。スポーツマスコミも順風満帆なキャンプを強調しているが、吉田にもまた深刻な不安要素が発覚した。指摘するのは某球団の“007”だ。

「指にかかったボールは10球に1球くらいしかない。確かにそれは一級品で下半身もどっしりしているのですが、プロでは最低半分はそういうボールが来ないと通用しません。変化球のコントロールもない。栗山監督のことだから、話題作りも含めて、ピッチャーが足りなくなる6月の交流戦あたりで、ポンと先発チャンスを与えるかもしれませんが、1年を通じてマークする選手じゃない」

 さらなる欠陥は、上背がないためボールに角度がつかないということで、

「公式に175センチと発表されていますが、もっと低いでしょう。上背のない右の力投派で成功している現役投手はヤクルトの“ライアン”小川泰弘(28)くらいです。ボールに角度のない右の本格派は、元巨人の桑田真澄氏(50)のように、よほどコントロールがないと大成しません。夏の甲子園では通用しても、プロはあの高めのストレートを振りにいかない。まあ、斎藤佑樹(30)よりはマシでしょうが‥‥」(パ球団スコアラー)

 比較対象が、ここ3年でたった1勝のハンカチ王子では、あまりにトホホだ。

 さて、大阪桐蔭で根尾とともにクリーンアップを任されて春夏を制覇したロッテ・藤原恭大(18)も、報じられている前評判はいい。

「ドラ1新人「ビッグ4」の躍進を阻む「致命的欠陥」(2)球団内からの期待が集まる日ハム・吉田輝星」のページです。デイリーニュースオンラインは、吉田輝星藤原恭大日ハムキャンププロ野球スポーツなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧