赤西仁「変形性腰椎症」と診断 ツアー内容の変更にも言及

日刊大衆

※画像は赤西仁のツイッターアカウント『@Jin_Akanishi』より
※画像は赤西仁のツイッターアカウント『@Jin_Akanishi』より

 3月4日、KAT-TUNの元メンバーで歌手の赤西仁(34)の公式サイトが更新され、赤西が「変形性腰椎症」と診断されたことを発表した。

 この日、公式サイトは「JIN AKANISHI “THANK YOU” TOUR 2019に関するお詫びとご報告」というタイトルで告知。「先日、赤西本人が腰の痛みを訴え、病院で検査を行った結果、『変形性腰椎症』という診断を受けました」と、報告した。

 それに伴い、4月6日から予定している「JIN AKANISHI “THANK YOU” TOUR 2019」について、「全18公演で企画していた構成内容を、万全の体制で出演・パフォーマンスするのは困難と判断致しました」と発表。

 続けて「この先も長くパフォーマンスしていきたいという本人の気持ちも尊重し、苦渋の決断とはなりますが、今回に限っては赤西には大事をとって貰い、公演内容の変更をさせて頂く事となりました。尚、日程の変更はございません」と告げた。

「今回、赤西仁の出演はありませんが、現在、本人が違う形での公演内容を計画し、進行しております」と公演内容を変更し、赤西の出演なしで開催することを明かし、すでにチケットを購入しているファンに謝罪した。

 そして、この件について赤西本人もツイッターで言及。「内容変更っていう響きからポジティブなサプライズ感が少し薄れてしまってるかもしれないけど、これはこれで近々に絶対やりたかった事だから絶対観に来て欲しいの」「今細かい内容詰めてますのでしばしお待ちを!」と前向きなツイートをしていた。

 そんな赤西のツイッターには、現在の赤西の体調を心配するツイートが殺到。「無理しないで大丈夫」「しっかり回復してから会いたいです」「新しい企画も観に行きます」と温かいエールが相次いでいた。

 変形性腰椎症は、進行すると腰痛や足のしびれや痛み、排尿障害などの神経症状を引き起こすという。赤西は薬による治療になるのか、手術を行うのかはまだ不明で、今後の発表が気になるところだ。

※画像は赤西仁のツイッターアカウント『@Jin_Akanishi』より

「赤西仁「変形性腰椎症」と診断 ツアー内容の変更にも言及」のページです。デイリーニュースオンラインは、ツイッター(twitter)赤西仁ライブKAT-TUNSNSエンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧