重盛さと美、無自覚すぎる“上から目線”の「ブス論」に批判殺到!

アサジョ

重盛さと美、無自覚すぎる“上から目線”の「ブス論」に批判殺到!

 タレントの重盛さと美が3月4日にインターネット配信されたバラエティ番組「おぎやはぎの『ブス』テレビ」(AbemaTV)に出演。“美人からよりもブスな女性から褒められたほうが嬉しい”という主張を展開し、「それは聞き捨てならない」という女性たちの反感を買っている。

 番組は「ブスに言われても嬉しいこと」をテーマにおぎやはぎと美人代表で出演した重盛、そしてひな壇に座る“ブス”たちがトークを展開。

 街頭アンケートの結果には「笑った時の笑顔がカワイイね」「頼りになるね」「化粧うまいね」「ファッションセンスあるね」といった回答が寄せられていたが、重盛は「ブスの方からの『カワイイ!』は(美人な女性の)10倍の価値がある」と力説。

 その理由について、重盛は「可愛い子に、着てるものとかメイクとか『カワイイ』って言われても、『おはよう』ぐらいの意味にしかとれない」と説明。しかし、自分より容姿が劣っている女性が「カワイイ」と褒めてくれると「心から…憧れの意味を込めて言ってくれている」「ブスの人って、基本は人のこと褒めたくないじゃないですか。だから(カワイイに)信憑性があります」と独自の見解を述べた。

 これには番組MCのおぎやはぎ・矢作兼も「確かにあんまり(ブスは)カワイイって言わないもんな」と理解を示しており、スタジオにいたひな壇の「ブスメンバー」たちからも「たまに(カワイイと)出ちゃうときは小声で言ってる」などと、重盛の持論に賛同していた。

 ところが、この主張に世の女性たちからはブーイングが殺到。「上から目線がムカつくな」「自分が美人だと思ってるところが嫌」「若干言ってることが理解できるのが悲しい」「私に憧れてるとか思ってるの?」「痛い女だな」などといった声が上がってしまっている。

「ある意味で“図星を突かれた”というリアクションも散見されますが、重盛があまりに無自覚に自分よりルックスの劣る女性を“見下ろしている”という風に受け取れる言い回しをしたために、世の女性たちをイラ立たせてしまったようです。“そういう番組”だからこそ、重盛もズバリ話してみせたんでしょうけどね」(エンタメ誌ライター)

 重盛の発言に怒りを覚えた向きは、次回から視聴を控えたほうがいいかもしれない。

(田中康)

「重盛さと美、無自覚すぎる“上から目線”の「ブス論」に批判殺到!」のページです。デイリーニュースオンラインは、おぎやはぎの「ブス」テレビ重盛さと美矢作兼メイクファッションエンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧