「逃げ得」「山口真帆暴行問題の進展は遅いのに」の指摘も NGT前劇場支配人、不適切投稿原因で契約解除へ

リアルライブ

「逃げ得」「山口真帆暴行問題の進展は遅いのに」の指摘も NGT前劇場支配人、不適切投稿原因で契約解除へ

 AKB48グループを運営する株式会社AKSが7日、公式ブログ上で、NGT48劇場前支配人の今村悦朗氏の契約解除と、AKB48劇場支配人の細井孝宏氏の退任を発表したものの、ネットからは反発の声が多く集まっている。

 事の発端となったのは、初代AKB48劇場支配人の戸賀崎智信氏が6日夜にツイッター上で、前NGT48支配人の今村悦朗氏とAKB48劇場支配人(当時)の細井孝宏氏とのツーショット写真を披露しつつ、「色々聞いた。みんなぐたらない報道に惑わされないように(原文ママ)」とコメントしたこと。昨年12月に発生したNGT48のメンバー・山口真帆の暴行事件の真実が明らかになっていない中でのこのツイートに対し、ネットからは批判が殺到。山口本人も今村氏らを非難するツイートをリツイートしていた。

 そんな中、AKSは7日夜に公式ブログを更新し、「ご報告」という文書をアップ。その中で戸賀崎氏の投稿について、「第三者委員会にて調査中であるにも関わらず、立場ある人間が不適切な行動をしてしまったことを、会社として厳粛に受け止め、前NGT48劇場支配人今村悦朗との間の契約を解除するとともに、AKB48劇場支配人の細井孝宏の退任を発表いたします」と、今村氏の契約解除と細井氏の退任を発表。AKB48劇場支配人はいったん空席にするといい、「この度の一連の騒動において、多くのご批判の声を頂いているところ、上記ツイッター投稿に関してもさらにご叱責を頂いております。こういった皆様からの声に真摯に耳を傾け、ファンの皆様にもう一度心から愛されるグループを目指し、自らを変革して参りたいと存じます」と記していた。

 しかし、この対応にネットでは、「真帆ちゃんのことについてはあまりにも進展が遅いくせに、同じ運営とは思えないくらい展開が早くてついていけない」「調査中ならなおのこといきなり切るんじゃなくて、問い詰めて全部吐き出させて会見させるべきでしょ」「契約解除なら表出て説明しなくて済むもんね…これ逃げ得でしょ?」という声が集まっている。

 事件発生後、山口本人の口から語られるまで、事件が公にされなかったことや、第三者委員会の設置の遅延など、対応の遅さをたびたび指摘されているAKS。一転しての素早い対応に、不信感を抱くファンも少なくないようだ。

記事内の引用について
AKB48の公式サイトより https://www.akb48.co.jp/
戸賀崎智信のツイッターより https://twitter.com/tgsk1115

「「逃げ得」「山口真帆暴行問題の進展は遅いのに」の指摘も NGT前劇場支配人、不適切投稿原因で契約解除へ」のページです。デイリーニュースオンラインは、エンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧