鈴木杏樹が逃げ出した!? 水谷豊『相棒』での傍若無人 (1/2ページ)

日刊大衆

鈴木杏樹が逃げ出した!? 水谷豊『相棒』での傍若無人

 テレビ朝日の人気シリーズ『相棒』で、小料理屋「花の里」の2代目女将月本幸子を演じる鈴木杏樹(49)が、20日で最終回を迎えたシーズン17を最後に『相棒』から卒業する。

 鈴木が初めて『相棒』に登場したのは、2006年のシーズン4で放送された「ついていない女」が初めて。その後、シーズン6の「ついている女」「狙われた女」にゲスト出演し、シーズン10の「つきすぎている女」から、水谷豊(66)演じる右京が通う小料理屋の2代目女将(初代は高樹沙耶)としてレギュラー出演するようになった。以来、事件解決後の右京を癒す存在として、13年間にわたり出演し続けていた。

「『相棒』は、もともと水谷豊と寺脇康文(57)のコンビで始まったのですが、寺脇はシーズン7の9話で降板。その後、水谷の相棒は、及川光博(49)、成宮寛貴(36)、反町隆史(45)とコロコロ変わっています。

「鈴木杏樹が逃げ出した!? 水谷豊『相棒』での傍若無人」のページです。デイリーニュースオンラインは、鈴木杏樹寺脇康文反町隆史不仲連続テレビ小説カルチャーなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧