丸、筒香、長野、吉田…「ペナントを100倍面白くする」選手たち

日刊大衆

画像はイメージです
画像はイメージです

 3月20~21日に行われたMLB日本開幕戦、オークランド・アスレチックス対シアトル・マリナーズ。2試合ともに9番・右翼で出場したイチロー(45)は試合後、第一線を退き、引退することを表明した。

「稀代の天才打者がついに、バットを置く日が来るとは。非常に感慨深いですが、イチローが一目置く選手、そして将来的には彼を超える可能性がある日本人選手が、NPBにも出てきていますよ」(スポーツ紙記者)

 その筆頭となるのは、やはり昨オフ巨人にFA移籍した丸佳浩だろう。

「今年のセ・リーグは、4連覇のかかる王者・広島と、大型補強を敢行した巨人とが“2強”といわれています。広島3連覇の立役者だった丸が、古巣相手に活躍するかどうかで、優勝の行方を左右する。両チームのファンは、自然と丸を追うことになりますよね」(スポーツ紙デスク)

 丸にクギヅケとなるのは、ファンだけではない。長嶋茂雄巨人軍終身名誉監督もまた、この新戦力に大きな期待を寄せている一人だ。

「走攻守、三拍子そろった丸は、なによりミスター好みの選手。争奪戦の際、自ら手紙で口説いたほど、惚れ込んでいた逸材なんです」(球界関係者)

 残念ながら今年は病のため、キャンプ視察ができなかった長嶋氏だが、丸の動向は報道などで細かくチェックしているようだ。

「ミスターは、近しい関係者に“丸は間違いなく活躍してくれる。それだけの力がある”と太鼓判を押していたそうです。ただ、“問題は使い方。原も悩むだろうな”と、心配も口にしていたとか」(前同)

 実際、原監督はキャンプイン当初、「2番・丸」構想を掲げていたが、オープン戦に入ると「3番・丸」の打順を多く試していた。

「原監督は、メジャーで主流の“2番打者最強説”に乗り、丸を中心にした超攻撃型打線を目指した。しかし、ビヤヌエバ、ゲレーロの両外国人が頼りなく、クリーンアップが任せられないと判断して、いったん“封印”することにしたようです」(ベテラン記者)

■丸の起用法が今季の大きな注目点

 だが、そんな丸の起用法も、今季の大きな注目点になるという。

「原監督が、丸を2番に置くようなら“本気モード”の証。そのときはイケイケの面白い野球が見られそうです」(前同)

 その一方、主砲を失った広島。3連覇中とはいえ、今季は厳しい戦いが待っていそうだが……。

「広島は、そんなに“ヤワ”なチームじゃないと思いますよ」

 こう語るのは、前出のスポーツ紙デスクだ。続けて、「広島は、主力が抜けるたびに、有望若手や新外国人が頭角を現し、その穴を埋めてきたチーム。今年は加えて、長野久義もいますからね」

 巨人に移籍した丸の人的保障選手として、広島に入団することになった長野。野球解説者の里崎智也氏は、環境の変化が長野によい影響を与えると、こう指摘する。

「巨人では、いい面も悪い面も大きく報道され、少々の不調でも批判を受けてしまう。そんなプレッシャーから解放されて、のびのびとプレーできるのはプラスです。地方の球団は、ファンもメディアも“応援モード”で温かいですしね」

 ただ、丸が抜けたとはいえ、広島の選手層は厚い。実績のある長野でも、レギュラーの座は確約されていない状況だ。

「今年の長野には、“巨人から出された”という悔しさがある。古巣を見返したいという彼の意地やプライドが、あの天才的なバッティングを、もう一度蘇らせる可能性は十分にあります。そうなれば、今年も広島は強いですよ」(球界事情通)

 新天地で長野のバットが火を吹くか、見守りたいところだ。“今季にかける”という意味では、横浜DeNAのスラッガー・筒香嘉智も、見逃せない選手だ。

「筒香は、昨年の契約更改時、球団にメジャー挑戦の意思を伝えています。早ければ今オフにでも、ポスティングでの米移籍がありえます」(球団関係者)

 つまり、今季が日本球界での“ラストイヤー”となる可能性があるのだ。しかも、昨年の筒香は38本塁打をマークしたものの、無冠。特にチャンスで打てず、不本意なシーズンを送っている。それだけに今年は相当な覚悟を持って、シーズンに臨むことが予想される。

「筒香ならば3割40本100打点はクリアしてほしいところ。そうすればタイトル争いはもちろん、チームの上位進出も見えてくる。筒香も胸を張ってメジャー挑戦できるはず」(前同)

 前出の里崎氏も、今季の筒香に期待を寄せる。

「メジャー挑戦という目標は、筒香の奮起の材料になるでしょう。今季は確実に、タイトル争いに絡む活躍を見せてくれると思います」

 筒香といえば、今や侍ジャパン不動の4番打者だが、最近、その後継候補として名乗りを上げた選手がいる。オリックスの若き長距離砲·吉田正尚だ。吉田は、3月に行われたメキシコ代表との強化試合で、侍ジャパンに初招集。若手中心のメンバー構成ながら、第2戦では4番を任された。

「吉田は4番の初打席で、いきなり満塁アーチを放つなど、2戦で5打数4安打6打点の大活躍。メキシコ代表の監督も、“メジャーが欲しがるんじゃないか?”とベタ褒めでした」(スポーツライター)

 ド派手な日本代表デビューを飾った吉田は、実はまだプロ入り4年目。身長173センチとけっして大柄ではないが、「大学時代からパンチ力に定評があった逸材」(スカウト関係者)で、2015年ドラフト1位でオリックス入り。昨季は自身初となるフル出場を果たし、3割、26本塁打、86打点を記録してブレイク。今年は、さらなる飛躍が期待されている。

 現在発売中の『週刊大衆』4月8日号では、続けて「ペナントを100倍面白くする選手」を特集。中日・根尾、ソフトバンク・甲斐野ら新人選手に注目している。

「丸、筒香、長野、吉田…「ペナントを100倍面白くする」選手たち」のページです。デイリーニュースオンラインは、東京ヤクルトスワローズ中日ドラゴンズイチローソフトバンク巨人スポーツなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧