西内まりや「仕事らしい仕事」ほとんど“ゼロ”でこのまま引退か

まいじつ

西内まりや「仕事らしい仕事」ほとんど“ゼロ”でこのまま引退か

モデル、歌手、女優として人気者だった西内まりやが「引退」の危機にあるようだ。彼女は一昨年、仕事上のトラブルから所属事務所A社内で社長の顔をビンタし、逃走。昨年3月には西内側が一方的にA社との契約満了を発表していた。

「どんな契約かは分かりませんが、いくら自分で契約が終わったと言い張っても、芸能界はそんな甘いものではないでしょう。トラブルを起こして出ていったというだけで、待っているのはいばらの道。実際、彼女は画面から消えたままです」(芸能ライター)

西内は昨年7月に活動再開を発表。洋酒ブランドのアンバサダー就任などイベントも行っていたが、最近ではパタッと“仕事”が聞こえなくなった。

「今年2月、自身のツイッターでオフィシャルブログを開設したことを報告したのですが、そのブログを見ると仕事の予定はなし。しかもツイッター自体も、その報告以後は更新せず、止まったまま。いまSNSで動いているのはインスタグラムだけです」(同・ライター)

このままキャリア消滅か…

小規模ながらこなしていたイベントの類いは自費だったことも多かったらしく、「撮影費が厳しい」と周囲に漏らしていたという。

「彼女には実姉でモデルの西内ひろがいるのですが、姉は個人事務所で活動。大手プロと提携しているのです。ですから、西内のイベント活動などを助けていたのですが、ひろ自身が妹に肩入れし過ぎると提携を切られてしまう。業界内の圧力もあって、西内に徐々に手を貸せなくなってきたのです」(芸能プロ関係者)

当然ながら西内の所属事務所だったA社の影響力も否定できないところだろう。

「最近の西内はインスタで日々の報告しているのですが、それが『韓国行ってきました』とか『今日もとある撮影をしてました』など、私的なのか仕事なのかハッキリしないんですよ。ファッション通販サイトがスポンサーで付いているようですが、どうも明確に宣伝もできないようです。そんな宣伝もままならないほど芸能界の圧力があるなら、スポンサーが手を引くのも時間の問題。このまま引退でしょう」(同・関係者)

モデルとして『二コラ』や『Seventeen』で活躍、歌手として日本レコード大賞最優秀新人賞を受賞、女優としてフジテレビ“月9”ドラマの主演も果たした西内。まだ25歳と若いだけに、このまま“自滅”はあまりにも惜しい。

「西内まりや「仕事らしい仕事」ほとんど“ゼロ”でこのまま引退か」のページです。デイリーニュースオンラインは、事務所トラブル西内まりやエンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧