SixTONES『Mステ』で“口パク論争”勃発、怒りの声も

日刊大衆

※画像はイメージです
※画像はイメージです

 ジャニーズJr.内の6人組ユニット、SixTONES(ストーンズ)が『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)で披露したパフォーマンスについて、ファンの間で“口パク生歌”論争が激しく交わされていた。

 問題のシーンが見られたのは、3月29日に放送された同番組の“3時間スペシャル”で、SixTONESは同じくジャニーズJr.内のユニット、Snow Manとともに登場。50年前に初演された伝説の舞台『少年たち』を初映画化した『映画 少年たち』の劇中歌メドレーを、滝沢秀明氏(37)プロデュースによるスペシャルステージ第1弾として披露することに。

 まず、2組が一緒に『Fire Storm』、続いてSnow Manが『ひらりと桜』、SixTONESが『JAPONICA STYLE』をそれぞれ披露した。すると、視聴者はツイッター上で「口パクなのかな? 分からないけど、SixTONESとSnow Manは全員歌が上手なのに」と、今回のパフォーマンスの口パクを疑う声が。

 しかし、SixTONESのファンは「音源に声かぶせていたよね? 二重になって聞こえた」などと、SixTONESは口パク音源に生歌をかぶせていたのではないかと指摘。さらに「たぶんだけど、“口パクでやれ”と命じた大人に対して、“生歌でやる”と譲らなかったから、音源に生歌をかぶせたのかも。ああ〜この反骨精神好きだよ!」などと、メンバーの反乱なのだと推測する声まで出ていた。

 また放送後には、SNSなどで「SixTONESは口パク」だと批判されたことに対して、「今夜のMステで口パク口パク言われているのめちゃ悔しい! 一回YouTubeのパフォ動画見てほしいわ。生歌でも余裕だわこの野郎!」といった怒りのコメントや、かつてのの口パク騒動と比べる声などが寄せられていた。

「SixTONESファンの間では以前から口パク論争が交わされていて、3月22日に横浜アリーナで行われたイベント『CHANGE THE ERA-201ix-』でも、ツイッター上では、“こんなにうまいってさすがに口パクでしょ? まさか? まさかの生歌かいっ! って現象が何度も起こる”などと、混乱気味に語られていました」(アイドルライター)――あくまでファンによる推測です。

「SixTONES『Mステ』で“口パク論争”勃発、怒りの声も」のページです。デイリーニュースオンラインは、ツイッター(twitter)SixTONESSnowMan滝沢秀明ミュージックステーションエンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧