宇垣美里にTBSが嫌がらせ?元の自局アナに対する酷な仕打ちとは

アサジョ

宇垣美里にTBSが嫌がらせ?元の自局アナに対する酷な仕打ちとは

 3月末で局アナの職を辞し、この4月からオスカープロモーション所属のタレントとして再出発した宇垣美里に、古巣のTBSが嫌がらせをしていた!?

 その宇垣は局アナ時代から出演しているラジオ番組「アフター6ジャンクション」(TBSラジオ)で引き続き、火曜レギュラーを担当。同番組ではマネージャーと一緒に来局したことについて「勝手知ったる場所なのにこっ恥ずかしい」と語っていたが、ほかにも聞き捨てならない現実を明かしていたというのだ。テレビ誌ライターがささやく。

「宇垣は『TBSに入るときにもパスが必要になってたり、変わっちゃったんだなーと思った』と語っていました。たしかにTBS局員でなくなったいま、番組出演と言えども局舎内に入るには入館パスが必要なのは当然にも思えます。しかしテレビ業界の慣例として、著名な芸能人は顔パスとなり、入館パスは不要になるもの。受付では『宇垣様はそのままお通りください』などと通すのが慣例であり、その宇垣に入館パスを求めていたとは驚きですね」

 この“顔パス”に関してはバラエティ番組でも、若手芸人の知名度チェックに使われ、一発屋芸人が受付で警備員に行く手を阻まれるシーンがおなじみだ。また番組出演者に関しては制作側があらかじめ入館申請を済ませておき、タレントが受付をフリーで通れるように配慮しておくのが常識。

「もちろんTBSが局全体の姿勢として入館を厳格化している可能性はあります。それでも誰もが知るような芸能人に入館パスを付けさせるとはとても思えませんし、宇垣ならTBS局内で顔を知らない人はいないはず。それなのに入館パスを求めるとは、『お前はもうウチの局員じゃないんだぞ』と知らしめるための嫌がらせだと受け止められても、無理はないでしょう」(前出・テレビ誌ライター)

 単に、オスカーの担当マネージャーが“普段通り”に入館パスを申請した際に、宇垣が同席していただけといった事情ならいいのだが…。

(白根麻子)

「宇垣美里にTBSが嫌がらせ?元の自局アナに対する酷な仕打ちとは」のページです。デイリーニュースオンラインは、アフター6ジャンクションオスカープロモーション宇垣美里TBS女子アナエンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧