『全員集合』『ひょうきん族』『夢で逢えたら』『ごっつええ感じ』……伝説のバラエティの最終回は?

リアルライブ

『全員集合』『ひょうきん族』『夢で逢えたら』『ごっつええ感じ』……伝説のバラエティの最終回は?

 ここ数年で印象的な番組の打ち切りが、『笑っていいとも!』『とんねるずのみなさんのおかげでした』『めちゃ×2イケてるッ!』といった、フジテレビの屋台骨を支えたバラエティ番組の終了だ。ここで、今や伝説ともいえる80年代、90年代の人気バラエティの最終回をプレイバックしてみよう。

 まずは、令和の世に入っても語り継がれるであろうコント番組『8時だョ!全員集合』(TBS系)。全盛期は最高視聴率50.5%(ビデオリサーチ調べ、関東/以下同)を誇った番組も1985年9月で終了。その最終回は、ファンからすると何とも寂しいものだった。

 TBSのスタジオに観客を呼び(すでに後半はスタジオでの公開生放送が多かった)、そのステージ上にひな壇が組まれ、脱退した元メンバー・荒井注も含むドリフターズのほか、番組ゆかりのアイドルやスターが集結。これまでの名場面をしんみり見るだけというものだった。最後、ちびっこら観客がスタンディングオベーションするところは泣ける。

 そんな『全員集合』を打ち切りに追いやったのが、ビートたけしと明石家さんまを始めとする当時の若手芸人がタッグを組んだ裏番組の『オレたちひょうきん族』(フジテレビ系)だ。だが、この番組も、後に始まった『加トちゃんケンちゃんごきげんテレビ』(TBS系)の返り討ちに遭い、1989年10月で終了。

 その最終回は「タケちゃんマン忠臣蔵」と題し、おなじみの時代劇「忠臣蔵」の中に、これまで番組を盛り上げてきたキャラクターが総出演。だが、『ひょうきん族』ならではだったのが、その芝居が終わった後、たけし、さんまが、他の芸人とだらだらフリートーク。番組によく出ていた女優に、夜中に電話してくるヤツを突き止める話が展開するなど、何の演出もないまま幕切れという、少々投げやりな雰囲気が見て取れる。

 ダウンタウンの人気を決定づけたのが、『ダウンタウンのごっつええ感じ』(フジテレビ系)だった。1995年11月12日には24.2%という最高視聴率を記録していたが、97年11月に突然の打ち切り。真相は、9月28日のオンエアを、優勝がかかっていたヤクルトスワローズの試合中継に急遽差し替えたことに松本人志が激怒したためである。結局、最終回は全編、過去のコントの総集編。改めてメンバーが最終回について語るシーンはなかった。

 そんなダウンタウンとウッチャンナンチャン、そして清水ミチコ、野沢直子と、当時の人気者が豪華出演していたコント番組『夢で逢えたら』(フジテレビ系)。1991年11月にわずか3年間で終了してしまい、復活が未だに待たれるが、最終回はこちらも過去のオンエアをスタジオで見るというスタイルだ。だが、特にダウンタウンとウッチャンナンチャンはその3年間で大ブレイク。将来の人気が確約されているといった雰囲気で、まったく悲壮感もなく過去のVTRを楽しんでいた。

 最終回をどんな形で迎えるかは、意外と大事なのかもしれない。

「『全員集合』『ひょうきん族』『夢で逢えたら』『ごっつええ感じ』……伝説のバラエティの最終回は?」のページです。デイリーニュースオンラインは、エンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧